鎌倉の定番!小町通りで買いたいおみやげ~北編~

2017年4月19日 8:00更新

東京ウォーカー 金城和子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

鎌倉観光で欠かせない小町通り~若宮大路周辺は、スイーツから小物まで、多彩な鎌倉みやげが集まる場所。今回は、南編に続き北編をお届け!SNSでも話題のキュートなスイーツからオープンほやほやの猫グッズ専門店まで、お手ごろながらこだわりが詰まった逸品をチェックしよう。

NECOL 鎌倉

2017年1月1日にオープンしたネコグッズの専門店。ネコ専門アーティストによるネコ雑貨やアートがそろい、ここでしか出合えないユニークな品がたくさん。ハートの耳がキュートな「恋猫招き」(1296円)ほか、ハガキなどの手ごろな品も多いので、旅の思い出に自分用もゲットしよう。近日ワークショップも開催予定とのこと。

全ての画像を見る(3件)

WELKAM

地元育ちの店主による人気みやげ店。オリジナル商品のみを扱い、店内にはさまざまな鎌倉みやげが並ぶ。なかでも注目は、アメリカの工場に特注した「WELKAM MOTELルームキーホルダー」(648円)。「KAMAKURA CITY」の文字が入るなど、おしゃれながら遊び心のあるデザインはSNSでも話題だ。爽やかなブルーのほか、色は全部で8種。ぜひ友達とおそろいで購入を。

鎌倉紅谷 八幡宮前本店

1954(昭和29)年に鎌倉で創業。看板のひとつである「クルミッ子」(140円)が「かわいい!」といま女子の間で人気を呼んでいる。表面に愛らしいリスの絵が描かれ、サンドしたキャラメルには香ばしいクルミがイン。1つから購入できるが、ボックスも5個入り(702円)から用意する。

紹介した3店のほかにも、小町通り周辺には注目のお店がいっぱい。食べて見て、充実の鎌倉旅を過ごそう。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事