【大阪観光】ハシゴがおもろい梅田の路地裏!お初天神裏参道の人気グルメ8選

2017年4月13日 18:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ウナギの寝床のような細い路地の両側に名店が並び、連日縁日のような盛り上がりを見せている、大阪・梅田の「お初天神裏参道」( 交通:地下鉄東梅田駅より徒歩2分)。

そんな人気店が数多く集結する名所は、ここ数年で新店が続々とオープンし、さらにパワーアップ。そこで、新店を中心としたお初天神裏参道のおすすめグルメを紹介。細い路地には開放的なテラス席もあるので、心地いい夜風と大阪の空気感を肌で感じながら、乾杯しに出かけよう!

血統にまでこだわる極上の雌牛を堪能

桃谷に本店を構える焼肉店「萬野屋」の新店「にくや萬野 お初天神裏参道店」は、優秀な血統を持つ生後30~33か月の雌牛のみを厳選して提供。焼肉はもちろんバルメニューもあるので、2軒目、3軒目使いにも活躍してくれる。

全ての画像を見る(17件)

ヘレをはじめ、当日の仕入れにより内容と価格が変わる「3種盛」(手前・写真は3240円)。

黒を基調としたシックな店内、外にはテラス席もある。「焼肉は1切れから注文OK。希少部位のほか、赤身からホルモンまでいろんなお肉をお楽しみあれ」と、調理スタッフの島崎文博さん。

■にくや萬野 お初天神裏参道店<住所:大阪市北区曽根崎2-10-9 1F 電話:06-6131-0008 時間:17:00~翌1:00(LO24:00) 休み:なし 席数:45席、テラス12席>

カナダ産の活けオマールエビ!

大阪・福島や難波の裏なんばエリアで人気のエビバルが、「活海老バル orb 裏参道」として登場。常時約15種のエビが、多彩な調理法で楽しめる。なかでも、活けのオマールエビの量り売り(税抜60円/10g)は、水槽から取り出して調理するので食感プリッ!

看板メニューの、「活けオマールエビのアクアパッツァ」(手前・写真は約500g/3240円)など。

エビをイメージして壁はピンク色で、2階は個室としても利用可。「1尾400~500gのオマールエビはカナダから空輸。えびみそ香草バターなど3種の調理法でご提供します」と、取締役の上甲博司さん。

■活海老バル orb 裏参道<住所:大阪市北区曽根崎2-9-16 電話:06-6940-4419 時間:17:00~翌3:00(LO2:00) 休み:なし 席数:50席、テラス8席>

先斗町の京もつ鍋の本家が大阪に初進出

「先斗町 もつ鍋 京都 亀八 お初天神裏参道店」では、近江牛のモツを、秘伝の京風ダシや京都の吟醸白味噌が香るスープで、グツグツと煮込んで楽しめる。最後の一滴まで美味な京もつ鍋がメインだが、大阪の店には串焼きなどの限定メニューも登場。鍋の箸休めにもぴったりだ!

名物の本家 京もつ鍋「白」(1380円)。注文は2人前から(写真は2人前)。ほかに「赤」と「醤油」もある。

山車(だし)の車輪がモチーフのオブジェなど、店内は祇園祭をイメージ。「京もつ鍋はトッピングも充実。肉の甘味がスープに溶け出す、魚沼産健康豚バラ(850円)がイチオシです」と、店長の松畑潤和さん。

■先斗町 もつ鍋 京都 亀八 お初天神裏参道店<住所:大阪市北区曽根崎2-10-9 2F 電話:06-6313-8810 時間:17:00~翌1:00(LOフード24:00、ドリンク24:30) 休み:日曜(月曜が祝日の場合は営業し、翌月曜が休み) 席数:46席>

京橋のオリジナル燻製料理が裏参に登場!

「鉄燻 CHOI URASAN」は、大阪・京橋の人気店が、肉メニューをさらに充実させてお初天神に登場。店内でじっくり仕上げた燻製を鉄板で焼き上げる独自のスタイルで、多彩な肉や旬素材が楽しめる。ワインをはじめアルコールも豊富にそろう。

和風のステーキソースで味わう、「燻製スペアリブの焼き野菜添え」(1382円)。「燻製玉子のこぼれ盛り」(734円)など燻製料理が多彩。

癒しがテーマの落ち着きある空間。「食材によってチップや燻製時間を変え、素材の持ち味を引き出しています。しっかり食事までOKですよ」と、店長の泊 佳祐さん。

■鉄燻 CHOI URASAN<住所:大阪市北区曽根崎2-10-10 第2あーけるびる3F 電話:06-6360-6939 時間:17:00~翌2:00 休み:不定休 席数:32席>

島人の温かな人柄にも脱帽!

「沖縄 SOUL FOOD じゃむ」は、ゴーヤーやナーベラといった現地の食材を取り寄せ、沖縄出身の金城シェフが“アンマー(お母さん)の味”に仕上げる。希少なアグー豚のセイロ蒸しのほか、腕によりをかけた創作料理も見逃せないのでチェックを!

豆の味の濃い島豆腐も美味な「ゴーヤチャンプル」(手前・918円)、プチプチッとした歯応えの「海ぶどう」(中・637円)など沖縄料理がズラリ。

木や石を使ったオブジェが印象的。「沖縄そば(961円)もダシがおいしいと好評です。三線の生演奏でみんなで一緒に盛り上がりましょう!」と店主の小渡善議さん。

■沖縄 SOUL FOOD じゃむ<住所:大阪市北区曽根崎2-10-6 2F 電話:06-6809-6520 時間:17:00~翌3:00(LO2:30) 休み:なし 席数:40席>

鶏白湯スープが決め手のラーメン&粉もん!

「大衆酒場 ながはま」は、鶏白湯スープを使った、タコ焼きとラーメンが2大看板のお店。特製の圧力寸胴鍋を使って鶏肉を短時間で煮込むため、雑味がないのが特徴だ。朝5時までなので、シメの一軒に立ち寄ってもいいかも。

「あさり鶏白湯ラーメン」(右・842円)、「たこ焼・すっぴん(奥)」「たこ焼き・ソース(左)」(各324円)。

木を基調としたアットホームな店内。座敷も6席あるので要チェック。

■大衆酒場 ながはま<住所:大阪市北区曽根崎2-10-10 あーけるびる1F 電話:06-6366-8338 時間:18:00~翌5:00(LOフード4:00、ドリンク4:30) 休み:なし 席数:36席>

魚介中心の炭火焼き&約50種の焼酎!

堀江や天満で話題の「陽」がプロデュースする「炭焼笑店 陽 お初天神裏参道」は、魚介類がメイン。高級なノドグロや大分から仕入れる関サバなど、干物の炭火焼きが手ごろに楽しめる。メレンゲを使った親子丼など、独自の一品も豊富にそろう。

皮はパリッ&ふっくらな「関鯖のひらき」(手前・842円)、「炭焼き関鯖入り肴ポテトサラダ」(奥・626円)。

古民家ならではの優しい雰囲気。

■炭焼笑店 陽 お初天神裏参道<住所:大阪市北区曽根崎2-10-6 1F 電話:06-6809-1177 時間:17:00~翌3:00(LO2:30) 休み:なし 席数:40席、テラス約10席>

全国の漁師から一年中届く新鮮なカキ

「かき鐵」では、日本各地の漁師から買い付ける新鮮なカキが、一年を通して堪能できる。「生牡蠣」(1個400円から)をはじめ、蒸牡蠣や創作系までバリエーション豊かに提供される。厳選されたワインや日本酒と共に楽しもう。

「牡蠣セイロ飯」(手前・540円)、食べ比べが楽しい「牡蠣の産地3種盛り」(奥・1500円から) ※カキの価格は時期により異なる。

天井の大漁旗が迫力満点で楽しい!

■かき鐵<住所:大阪市北区曽根崎2-10-10 第2あーけるびる2F 電話:06-6809-3392 時間:17:00~23:30(LO23:00) 休み:火曜 席数:28席>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全17枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事