鎌倉”裏駅”に行ったらはずせない! 3大スタンダードグルメ

2017年5月11日 16:06更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

鎌倉のメインスポットは鶴岡八幡宮や小町通りなどがある鎌倉駅東口側のエリアだが、地元の人が集まるのんびりとした雰囲気に惹かれて鎌倉駅西口側、通称”裏駅”にも注目の店が集っている。ニューオープンのお店や東京からの進出店も要チェックだが、まずは"裏駅"の魅力を支え続ける定番店を3店舗紹介!

茶房雲母

"裏駅"きっての行列店。その理由は注文が入ってから茹でる大きな白玉。茹でたてならではの白玉の温かさとふわふわな食感が評判だ。

全ての画像を見る(6件)

オーダーをすると盆に生花をのせて出してくれる。これは、品が出てくるまで花を楽しんでもらいたいというもてなしの心。四季折々の花を楽しめる庭も眺められ、落ち着いた時間が過ごせる。

café RONDINO

鎌倉駅西口を出てすぐにある、1967年創業の老舗喫茶店。地元の人を中心にいつも賑わっている。

メニューは幅広く、サンドイッチやスパゲッティなどの軽食や手作りのケーキまでがそろう。朝から夜まで営業しており、一日のどの時間帯でも楽しむことができる。

BISTRO OSHINO

鎌倉野菜など、旬の食材の魅力を最大限に引き出した料理を作り出すビストロ。メニューは日替わりで、ランチはコース形式、ディナーはアラカルトも含めて用意している。

ワインも種類豊富にそろえ、グラスワインは赤白それぞれブドウの品種からチョイスできる。料理に合う一杯を教えてもらいながらのディナーは格別だ。

【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事