マスキングテープの「mt」が岡山とコラボ!ラッピング電車でアートな城下町巡り

2017年6月7日 17:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「mt」とは、世界的に人気の岡山県倉敷市の「カモ井加工紙」のマスキングテープのブランド名。「mt art project」では、“おかでん”の愛称で親しまれる路面電車をラッピング。岡山駅前から東山の東山線で、mtラッピング電車を6月まで運行している。たま駅長のたま電車や水戸岡鋭治氏デザインの車両なども走る、ローカル列車で城下町の散策を楽しもう。<※情報は関西ウォーカー(2017年4月4日発売号)より>

キュートな3色の路面電車で岡山の城下町をぶらり

路面電車や岡山城がラッピングされる、岡山とのコラボイベント「mt art project」は6月まで開催。

全ての画像を見る(14件)

車内で販売される全線乗り放題の1日乗車券(400円)を利用するとお得。

車内もmt装飾に。運賃は降車時に運転手に支払う。

■岡山電気軌道<電話:086-272-1811 時間:東山線岡山駅前発6:15~東山発21:56の日中は5分間隔で運行 料金:岡山駅前~東山片道(140円)、岡山駅前~県庁通は特割区間で片道(100円)>

豆にこだわるレトロカフェ

JR岡山駅から徒歩15分。「ONSAYA COFFEE 奉還町店」は、岡山で人気のコーヒー専門店。店舗ごとにコンセプトが異なり、1号店となるこの奉還町店は、ノスタルジックな雰囲気の中で、世界5か国の厳選した豆からドリップしたコーヒーが味わえる。ナポリタンなどのランチもぜひ。

「鉄板焼きナポリタン」(680円)、「チリピザサンド」(480円)は11時~15時のランチメニュー。「本日のコーヒー」(400円)と一緒に。

昭和レトロな店内。

■ONSAYA COFFEE 奉還町店<住所:岡山市北区奉還町2-9-1 奉還町商店街内 電話:086-252-1103 時間:11:00~18:00 休み:不定休 席数:約50席 交通:JR岡山駅より徒歩15分>

【次のスポットへ】岡山電気軌道城下まで電車で5分

mtと岡山城がコラボイベント

黒い下見板張りの外観から“烏城“とも呼ばれる豊臣家5大老の宇喜多秀家が築城した「岡山城」。6月30日(金)まで天守閣内の装飾やmtショップなどを楽しめる。

カラフルに変身した岡山城の天守閣。※外観装飾は5月7日(日)まで。

mt装飾された天守閣内。岡山城限定の「マスキングテープ」(248円~)の販売や「mt装飾体験」(300円)も実施。

■岡山城<住所:岡山市北区丸の内2-3-1 電話:086-225-2096 時間:9:00~17:30(最終入場17:00) 休み:なし 料金:入場料300円 交通:岡山電気軌道城下駅より徒歩10分>

【次のスポットへ】「Cafe Antenna」まで徒歩15分

フルーツ王国“岡山”の旬の果実たっぷりのパフェ

「Cafe Antenna」は、かつて岡山後楽園の門前として栄えた場所にあるレトロモダンなカフェ。大正時代の建物を改装した開放的な店内では野菜たっぷりのスリランカカレーとフルーツパフェが人気。もちろん野菜&果物は地元・岡山産を使用する。岡山後楽園の門前で名物パフェを!

契約農家の果物を使った「いづし大正浪漫パフェ」(1080円)。

アンティーク風の小物などが飾られた店内は、一面ガラス張りで開放感抜群。「スリランカカレーやさいカレー」(1080円)も人気。

岡山後楽園から徒歩すぐのアットホームなお店。気さくなお母さんが迎えてくれる。

■Cafe Antenna<住所:岡山市北区出石町1-8-23 電話:086-221-9939 時間:11:00~19:00(LO18:00) 休み:火曜 席数:15席 交通:岡山電気軌道城下駅より徒歩7分>

【次のスポットへ】「アートスペース油亀」まで徒歩5分

器がメインの古民家ギャラリー

「アートスペース油亀」は、築140年の油問屋をリノベートしたギャラリー。店内には、器を中心とした全国の作家の作品が並ぶ。ご主人やスタッフが直接会って交渉する作家の作品は先鋭的で個性的なものも多い。定期的に開催される企画展も見もの。

約3000点が並ぶ。地元・岡山の作家の作品も。

日本六古窯の一つである備前焼の作家・細川敬弘氏の「おちょこ」(左・2160円)。ガラスで有名な倉敷の作家・白神典大氏の「そばちょこ」(右・3240円)。

■アートスペース油亀<住所:岡山市北区出石町2-3-1 電話:086-201-8884 時間:11:00~19:00 休み:不定休 料金:入場無料 交通:岡山電気軌道城下駅より徒歩12分>

【次のスポットへ】岡山電気軌道東山駅まで電車で約10分

ネコ館長代理に会える!おかでん&水戸岡鋭治ワールド

東山駅から徒歩すぐ。「おかでんミュージアム+水戸岡鋭治デザイン」は、岡山電気軌道の工場が昨年12月にミュージアムとしてオープン。おかでんのMOMO車両などをデザインした水戸岡氏が手がけた館内には、同氏の作品や車両模型なども展示。和歌山のたま駅長などのグッズも販売。

展示室のほか、水戸岡鋭治イラスト展、シアタールーム映画館なども備える館内。

向かいの岡山電気軌道本社ではネコ館長の「SUNたまたま」が不定期で勤務。勤務時に会える。

■おかでんミュージアム+水戸岡鋭治デザイン<住所:岡山市中区東山2-3-33 電話:086-272-1811(岡山電気軌道) 時間:10:00~16:00 休み:火曜 料金:入館料1000円 ※おかでん1日乗車券提示で500円 交通:岡山電気軌道東山駅よりすぐ>

岡山後楽園でもイベント開催!

日本三名園の一つで国の特別名勝の岡山後楽園では、「mt art project」期間中にはmtとのコラボイベントを実施。

「mt×スワンボート」は、岡山後楽園と岡山城の間を流れる旭川で遊べるスワンボート。6月30日(金)までmtラッピングされたスワンボートが登場。碧水園でチケットを販売。

■mt×スワンボート<開催時期:6月30日(金)まで 電話:086-272-1605(碧水園) 時間:9:00~18:00 休み:不定休 料金:1800円/1台(4人乗り)>

■岡山後楽園<住所:岡山市北区後楽園1-5 電話:086-272-1148 時間:7:30~18:00(最終入園17:45) 休み:なし 料金:入園料400円 交通:岡山電気軌道城下駅より徒歩10分>【関西ウォーカー編集部】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全14枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事