世界初の450度空間VRを体感!「夏一番花火大会」も見逃すな!

2017年7月14日 21:10更新

九州ウォーカー 上村敏行

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

この夏、ハウステンボス(長崎県佐世保市)には“世界初”の最新VRが新登場。いまだかつてないダイナミックな空間で繰り広げられるアトラクションに大興奮だ!また、九州最大級1万8000発が撃ちあがる花火大会も初開催。

360度を超える450度!光と音楽の異空間「バハムートディスコ」

©SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スクウェア・エニックスとタッグを組んだ、ド迫力の体験型音楽アトラクションが完成。ゴーグルを使わない新VRで、映像空間はなんと450度!

全ての画像を見る(15件)

ダイナミックに変化するディスコ空間で、光と音楽に合わせて躍るようにプレイしよう。「バハムートディスコ」は最大4人までが同時プレイOKなので、大人も子供も一緒に楽しめる。映像と音楽に合わせ、専用のコントローラーを振りながらビートを刻もう!

そのほか、VRの館でぜひトライしたいのが、仮想のビル群を“逆バンジー”するVRアトラクション「ウルトラ逆バンジー」。

映像ほか、振動や風もリアルで手に汗握る。映像と連動してシートが動き、風も出るなどの特殊効果で、ジェットコースターにのったようなリアル体験ができる!

インスタ映えする街並みをのんびり散策もオススメ!

ヨーロッパの街並みを再現した場内はいたるところにキュートな花が咲いている。運河沿いは、ベゴニア、マリーゴールド、アゲラタムが鮮やかに彩る。

約130mの通りが、7色1000本の傘で彩られる「アンブレラストリート」。インスタ映えするスポットを探しながら巡るのも、ハウステンボスさんぽの楽しみだ。

初開催!大花火エンタテイメントSHOWに注目

九州最大級の1万8000発が撃ち上がる「夏一番花火大会」が初開催となる。世界的デザイナー「コシノジュンコ」プロデュースによるデザイン花火や夜空を覆い尽くすような大スターマインなど、大興奮と感動の花火大会だ。花火師世界一を決める大会の海外代表決定戦も行われる。

夏休みは昼も夜も楽しめるハウステンボスで一日中遊びまくろう!

【九州ウォーカー編集部/文=上村敏行、撮影=戸高慶一郎】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事