異国情緒満点! 神戸の教会リノベーションカフェで人気の絶品手みやげ

2017年8月9日 10:55更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

兵庫県神戸市の「フロインドリーブ」は、建築家のW.M.ヴォーリズ設計の旧神戸ユニオン教会をリノベートしたベーカリーカフェ。フォトジェニックな内外装、絶品のサンドイッチや手みやげがそろい、観光客に絶大な人気を誇る。

教会をリノベーション!

ドイツ出身のパン職人が1924年に創業した老舗で、建物の旧神戸ユニオン教会は、オーナー夫婦が結婚式を挙げた思い出の場所。阪神・淡路大震災で被災し解体されるところを、買い取り改装したものだ。1階の集会室がベーカリーショップ、2階の礼拝堂がカフェに。吹き抜けの高い天井は開放的でゆったりとしている。

大ミミ、小ミミ

全ての画像を見る(5件)

そんなベーカリーカフェの名物手みやげといえば、「大ミミ」(ミックス・5枚入り2052円)、「小ミミ」S(648円)。ドイツ語で豚の耳という名前の伝統的な焼き菓子「シュバイネオーレン」をミミという名前で販売している。砂糖をまぶしたパリパリの表面と全体のサクサク生地の食感がいい。バターの風味が香る大ミミは厚みがあり、ビッグサイズでボリューム満点! 小ミミは歯ごたえがあり、おいしさがギュッと凝縮されている。

ミックスクッキーもおすすめ

「ミックスクッキー」2袋入り(1296円)もおすすめ。フレッシュバターやナッツをふんだんに練り込んで焼いた手作りクッキー。1袋に、チョコレート味やバニラ味、ラングドシャなど14種類のクッキーが詰め合わせてある。

ミミとクッキーを合わせた品も

「ダブルスイート」(1425円)はミミとクッキーの両方を楽しめるという、お得感のある人気商品。おみやげはもちろん、贈り物にも最適。中ミミ6枚&クッキー70g2袋(2592円)など、バリエーションも豊富だ。

神戸観光の際はぜひ訪ねたい

建物は、国の有形文化財にも登録されている。「現代建築にはない設計、質感、装飾など独特の雰囲気を体感できる」と同店の担当。異国情緒を満喫できる、神戸観光でぜひ訪れたいスポットだ。

【関西ウォーカー】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名: