かる~い石畳!?ふんわり食感がおいしいチョコケーキって?

2017年8月23日 21:43更新

九州ウォーカー パンフィールド

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡で知らぬ者はいないチョコとケーキの名店「チョコレートショップ」。その看板商品である「博多の石畳」は、名前や見た目とは裏腹に、スポンジとムースで仕立てたふんわり食感がクセになる!

全ての画像を見る(2件)

チョコをふんだんに使った「博多の石畳」(大1836円、小432円)は、同店のケーキの中でも、一番の人気を誇る。チョコスポンジ、チョコムース、生クリームなどを5層に重ね、表面には薄いチョコレートとチョコパウダーでコーティング。繊細できめ細やかな見た目の美しさにも注目したい逸品だ。オーナーが幼少の頃に見た、博多駅前の石畳の道をイメージして、この名が名付けられたそう。そのどっしりした見た目&名前と裏腹に、しっとりした生地とふわふわのムース、とろける生クリームがふんわりと軽い口当たり。口に含めばスーッと溶けて無くなるような、繊細なチョコレートの味わいをケーキで楽しめる。

レンガのような見た目と、5層になった中身の対比もユニークなケーキ。小サイズを独り占めするのも、大サイズをみんなでシェアしても楽しい。

【九州ウォーカー編集部/取材・文=山本佳世、撮影=鍋田広一(パンフィールド)】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事