創業136年の老舗旅館がフルリノベーション!福岡で温泉を楽しもう

2017年8月12日 17:50更新

九州ウォーカー 藤井もか

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ホテルパーレンス小野屋」は福岡県下随一のお湯の湧出量と泉質を誇る「原鶴温泉」。今年で、創業136年を迎える。そして、2017年9月1日(金)より、およそ60年の歴史を誇る離れ客室「待月庵」をフルリノベーションし、大人の隠れ家「待月庵~Taigetsuan~」をオープンする。

全ての画像を見る(5件)

昭和35年に建築された「待月庵」は、平安風枯山水庭園の中に佇む約60年の歴史を刻んだ数寄屋作り建築。「温泉付離れ 待月庵 ~Taigetsuan~」は、メインの和室に加え、日本庭園を望むためのカウンタースペースが配置され、2つの場所から異なる形の庭園を眺めることができる。

また、夕食は、4月にオープンしたばかりの離れレストラン「寿泉 ~Jusen~」にて。地元ならではの食材を、「走り・旬・名残」の季節感のある料理で楽しむことができる。モダンな創作和会席を、まさに「食べ時」に一皿一皿味わうことができる。

「ホテルパーレンス小野屋」は、福岡市内・福岡空港から車で約60分でアクセスも良く、体に優しい朝食として高い評価を受ける「九州バイキング」や、情緒あふれる「平安風枯山水庭園」など、魅力が盛りだくさん!ほっと安心できる癒しの宿で、家族や友人と贅沢な時間を過ごしてみてはいかが。【ウォーカープラス/藤井】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事