ソフトクリームの上にエビ!?新潟県の「南蛮海老ソフトクリーム」が気になる

2017年8月15日 11:59更新

東京ウォーカー(全国版) 藤井もか

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

8月11日(金)より、越後魚沼の名産品・日本海鮮魚の販売と越後郷土料理を提供する「雪国観光センター 魚野の里」は、名物ご当地ソフトクリーム第3弾として、「南蛮海老ソフトクリーム」の販売を開始した。

全ての画像を見る(4件)

「南蛮海老ソフト」(350円)は、南蛮えびを丸ごと粉末にし、地元の味噌と混ぜ合わせた新潟限定の「南蛮えびの味噌汁の素」を、濃厚な「生乳バニラソフトクリーム」にかけ、その上に「南蛮えび煎餅」1枚と、寒風干しにした甘海老を丸ごと2尾トッピングした一品。

えび味噌と生乳バニラで食べたり、次に寒風干し甘海老にバニラを付けて食べ、 最後に南蛮えび煎餅をディップで食べる、といった一度で様々な食べ方を楽しむことができる。

えび味噌の塩辛さと寒風干し甘海老の風味はもちろん、生乳バニラの濃厚な甘味が絶妙なバランスで、クセになる味わい!さらに寒風干し甘海老の香ばしさも加わった、ついつい一口二口と食べてしまうソフトクリームだ。

「魚野の里」でしか味わえない、新潟ならではのインパクト絶大な「南蛮海老ソフトクリーム」をぜひ堪能してみては。新しい味に出会えるかも!【ウォーカープラス/藤井もか】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事