【ラーメン×グラビア!?】SKE48の須田亜香里が名店の塩ラーメンをふぅふぅ♥

2017年8月19日 12:00更新

東海ウォーカー 伊藤甲介

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ラーメンをふぅふぅして食べる女子って…なんかいい♡ということで、本連載ではSKE48のラーメン部や麺好きメンバーが、ひたすらラーメンをふぅふぅするぞ!東海エリアにふぅふぅ女子旋風を巻き起こす!?

全ての画像を見る(9件)

今回、SKE48チームEのリーダーで、SKE48ラーメン部 研究生の須田亜香里(以下、あかりん)が訪れたのは、名古屋市昭和区にある「らーめん 奏(かなで)」。ラーメンWalkerグランプリ 愛知総合部門において2016年、2017年の2年連続で1位を獲得した超人気店だ。

さっそく、看板メニューの「しおらーめん(中)」をレッツふぅふぅ。「おいしそう!ラーメンに感謝♡」と丁寧に手を合わせ、ラーメンに対してもまさかの神対応!?

スープをひと口、口にふくむと「ん〜♡」と悶絶するあかりん。厳選した材料を贅沢に使い化学調味料無添加で作られたスープに、塩味が一番好きだというあかりんも「これはウマイ!」と大絶賛。

「自家製麺はツルツルで小麦の香りもいいし、豚、鶏の2種類のチャーシューはフワフワで絶品!同じスープなのに、食べるたびに違う味わいが楽しめるよ」と感激しながら、箸が止まらない様子。

「あっさりしているのに、スープ、麺、チャーシューの全部が主役級!まとまっているのに、ひとつじゃないというか……。時間をかけてゆっくり、じっくり味わうべき味!」とあかりんが熱のこもったレポートをすると、店主も「名言ですね!」とにっこり。

ふぅふぅDATA

【ふぅふぅした麺:しおらーめん(中)(680円)】アジの煮干やムロアジ節、干し貝柱などの魚介やモンゴル塩など、高品質な材料をふんだんに使用し、化学調味料無添加で仕上げた動物系、魚介系のダブルスープが絶品。あっさりしているのに味わい深く、全粒粉を使用したつるつるの自家製麺とも絶妙にマッチする。トッピングには塩分排出効果が高い豆苗をチョイスするなど、細部にまで店主のこだわりが詰まっている。

【ふぅふぅシート】あかりんのふぅふぅシートは、店の奥から数えて2番目のカウンター席。緑色の椅子を探そう。丁寧に書かれたコメントも必見だ!

取材・文=前田智恵美/写真=EDWARD.K【東海ウォーカー/伊藤甲介】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事