創業70年の老舗!「銀座スイス」で味わう元祖カツカレー

2017年8月19日 12:00更新

東京ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

日本人の国民食とも言える、カレーとトンカツ。その2つを組み合わせたカツカレーは、私たちの心を掴んで離さない、不思議な魅力がある。その発祥の店として知られているのが、創業70年の老舗洋食店・銀座スイスだ。

全ての画像を見る(3件)

店の常連だったプロ野球 元巨人軍の故・千葉茂さんの提案により誕生した、「千葉さんのカツレツカレー」(スープ付き・1512円)。帝国ホテルで修業した先代シェフのレシピを継承する、同店の名物だ。豚挽き肉と野菜が溶け込んだカレーソースは、凝縮された旨味が美味。その横に国産上ロースのトンカツ120gがドーンとのる。7月から新たに仲間入りした「フィレカツカレーサンド」(1620円)もお見逃しなく。

店内は老舗ながら、足を運びやすいカジュアルな雰囲気。カツが小さめの「元祖カツカレー」(1080円)もあり、女性にもおすすめの一軒だ。【ウォーカープラス編集部】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事