曜日限定の出合い!人気上昇中“ヤドカリカレー”って?

2017年8月19日 19:00更新

東京ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大阪で近年ブームが起き、東京にも人気が飛び火している「ヤドカリ(宿借り)カレー」。これはバーや居酒屋が眠っている昼時に、場所だけ借りて曜日限定でカレーを提供するお店のこと。東京代表にチョイスしたのは、カレーのプロデュースなどを本業とするユニット「東京カリ〜番長」のリアル店舗「TOKYO SPICE CURRY」と、スパイス料理研究家のマダムが営む個性派店「サンラサー」。

共に限られた“カレー曜日”に、毎回異なるカレーを提供している。定番もいいけど、時には刺激的なスパイスとの出合いで、新たな発見を楽しんでみて。

TOKYO SPICE CURRY/代々木公園

全ての画像を見る(4件)

「BAR-SARAKA(バサラカ)」を間借りし、毎週水曜のみ営業。「東京カリ~番長」のリーダーが3種類のカレーと総菜をひと皿に盛り付けて提供する。取材日のカレーは「鶏肉のほうれん草カレー」「冬瓜のココナッツカレー」などが盛られ1000円。クミン、チリなど4種類のスパイスをベースに、毎回違うカレー作りに挑戦し続ける。

サンラサー/新宿三丁目

スパイス料理研究家の主婦が「BAR miki」の店舗で2月に開業。インド、スリランカ、ネパールが中心の、体に優しいエスニックカレーは売り切れ必至。店のインスタで予約ができる。【ウォーカープラス編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事