奥深く濃厚な味!カレーの達人もうなる「牛たんカレー」

2017年8月19日 17:51更新

東京ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

万国共通なのはその名だけ。作り手のこだわりによって、千差万別な味わいや見た目を見せつけてくれるカレー。けれども、実際は「どの店を選んだらいいのかわからない」というのもまた事実。そこで、カレーを愛し、カレーに愛された男たちに、とっておきのオススメカレーを聞いてみた。 

全ての画像を見る(4件)

今回、オススメの鉄板・絶品カレーを紹介してくれたのは、音楽界のカレー番長こと小宮山雄飛さん(ホフディラン ボーカル)。同氏が選んだのは、欧風からインド、ネパールまで、本格的でありながら独自性のあるお店「仙臺(せんだい)」(東京・神保町)の「牛たん(牛舌)カレー」(750円)。「いわゆる欧風カレーは甘さが強すぎることが多いのですが、こちらのは嫌な甘さがなく、奥深い濃厚な味が特徴」と話す。

同店では他に、昔ながらの「オムライス」(750円)や、夜限定の「牛たん(牛舌)シチュー」(980円)など、店主の確かな経験と匠の技を皿の上で表現したメニューがそろう。

その他、小宮山さんは、「Nanglo Ghar(ナングロ ガル)」(東京・大久保)の「ネパールローカル料理セット」(1300円)、「CURRY & SPICE BAR カリ~ビト」(東京・飯田橋)の「2種カリ~」(ランチ980円+トッピング豆カリ~100円)、「スパイス&ハーブ 居酒屋 やるき」(東京・新中野)の「キーマカレーライス」(600円)をすすめてくれた。【ウォーカープラス編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事