網走産シジミをふんだんに使った、体に優しい一杯「しじみらーめん もことこ」

2017年8月28日 22:00更新

北海道ウォーカー 高橋まりか

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

札幌・すすきのにある元祖さっぽろラーメン横丁で人気の「しみじみ」の姉妹店「しじみらーめん もことこ」が、2017年3月札幌市東区にオープン。シジミを使った一杯を取材してきましたよ。

全ての画像を見る(6件)

始めに登場したのは人気NO.1メニューである「こっさりしじみらーめん 塩」(756円)。網走市で採れた大量のシジミに昆布やシイタケ、カツオなどの和風出汁を加えたスープと鶏白湯のWスープ。シジミの風味を最大限に生かし、あっさりとしながらもコクのある一杯です。

続いて登場したのは、「旨辛らーめん」(918円)。特製の辛味噌仕立ての一杯は、辛さの中にもシジミの旨味が感じられ海鮮チゲを彷彿させます。結構辛めですが、辛いのが苦手な人は一言声を掛けると辛さを調節してくれるとのことなのでうれしいですね。

同店の主役でもあるシジミは網走産で、藻琴湖や網走湖で採れたものを使っています。なんと! 32リットルの寸胴に約5kgのシジミを投入しているそう。そんなシジミ感満載の出汁に、カツオ節や昆布を加え、弱火でじっくりと煮出すことで旨味を抽出しています。

子供の頃からラーメンが大好きで、今でも週に3回はラーメンを食べているという店長の木元哲次さん。元々はサラリーマンで、本店の「しみじみ」で仕入れや接客など飲食業界のノウハウを学んだといいます。そんな木元さんは、小学校6年生の息子さんが所属する少年野球のコーチも務めていて、「休みはすべて野球に使っています。子供たちの頑張っている姿が仕事の励みになりますね」とお父さんの顔をのぞかせていました。

「最後まで美味しく食べられ、そしてまた食べたくなる、そんなラーメンを目指しています」と話してくれた木元さん。道産シジミのエキスが体に染み渡る優しい味わいのスープで癒されてみては?

■住所:札幌市東区北31東15-1-1 イオン札幌元町ショッピングセンター3F ■電話:011・711・4323 ■時間:11:00~22:00(LO21:30) ■休み:なし ■席数:44席(禁煙)

【北海道ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事