大阪府下で地震訓練一斉実施「大阪880万人訓練」

2017年8月21日 22:28更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大阪府内にいる人を対象とした防災訓練「大阪880万人訓練」が9月5日(火)に実施される。

全ての画像を見る(1件)

「大阪880万人訓練」は、南海トラフ巨大地震に備えて防災意識の向上を目的とした訓練。5日の午前11時に、地震が起きたという想定で館内放送や屋外スピーカーなどで知らされる。そして約3分後には大津波警が発表され、大阪府内にいる人の携帯電話やスマートフォンに訓練用の緊急速報メールが一斉に届くことになっている。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の際は、地震発生時の判断と行動が生死を大きく分けた。災害発生時にきちんと行動するには、正確な情報をいち早く知ることが重要となってくる。同訓練をきっかけに、地震発生時どのように情報を入手して、どのように行動するのかを再確認しよう。

【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード