【大阪】国産甘エビの濃厚スープがたまらん!北新地のエビラーメン専門店

2017年9月13日 18:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

国産甘エビをたっぷり使用したエビラーメン専門店「キョウハ・エビ」が北新地にオープン。魚介と相性のよい塩ラーメンをはじめ、ラー油を使った赤エビラーメン、焦がしにんにくの黒エビラーメン、スパイスの効いたカレーラーメンとバリエーションも豊富!<※情報は関西ウォーカー(2017年9月5日発売号)より>

最後の一滴までエビを堪能!エビ好きがうなる個性派

全ての画像を見る(10件)

「塩・エビラーメン」(850円)。3種の天然塩をブレンドしたスープは、甘エビの旨味と相性抜群!あと味すっきりで、最後まで海老を楽しめる一杯。チャーシューにはエビオイルの鶏ムネコンフィをオン。

■ラーメンデータ<麺>中太・平打ち・ストレート/製麺所:ミネヤ食品工業・160g<スープ>タレ=塩・仕上げ油=エビ油/濃度:こってり○○○●○あっさり/種類:豚骨・鶏ガラ・魚介(エビ)

食欲を駆り立てる香り豊かなスープには、平田さん自ら厳選した北海道産の甘エビ(旨味の強い頭部のみ)を使用。生のままではくさみがスープに出るため、一度オーブンで加熱。

旨味エキスが出やすいように、オーブンで加熱したエビを細かく刻んでから鍋に投入する。

丁寧にエビからダシを取ったスープは、芳醇な香りを漂わせ、多くの食通をとりこにする。

「伽哩・エビラーメン」(980円)。エビのコクが生きたカレースープがクセになる一品。

「麻辣海老麺」(980円)。しびれる辛さがクセになると期間限定からレギュラーメニューへ昇格。

「海南チキンライス」(680円)。蒸し鶏を醤油ダレとスイートチリソースで味わう人気のサイドメニュー。

アルコールメニューも充実

生ビールをはじめ、紹興酒やサワーなどアルコールも充実。ラーメンと飲むもよし、中華のアテと飲むもよし!飲み会後のシメにもグッド。

オーガニックビアや、オーガニックコーラなど女性にはうれしいドリンクも豊富!

中華のアテ「四川よだれ鶏」(600円)。サク飲みしながら本格中華のサイドメニューを。

白を基調とした清潔感あふれる店内は、女性一人でも入りやすい。テーブル席もあり、デートや団体でも利用可能。

「北海甘エビの濃厚エキスを使ったラーメンを数種類ご用意しています。お気に入りの一杯を見つけてください」と、代表の平田和久さん。

■キョウハ・エビ<住所:大阪市北区曽根崎新地1-2-13 北新地タムラビル1F 電話:06-6456-4750 時間:11:30~15:00(LO14:30)、18:00~翌3:00(LO2:30)、土曜18:00~24:00(LO23:30) 休み:日曜 席数:26席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:JR北新地駅より徒歩3分>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事