日本ワインの魅力を存分に!東京ミッドタウンにて開催

2017年9月13日 16:00更新

東京ウォーカー(全国版) 青山奈津美

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

メルシャンは、東京ミッドタウンにて、「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル2017 in TOKYO」を、10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり実施する。また同時に、「シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル」でも、フェスティバルと連動した企画を実施する。

全ての画像を見る(2件)

例年、山梨県甲州市勝沼のワイナリー「シャトー・メルシャン」で「ハーベスト・フェスティバル」を開催しているが、日本ワインに対して国内外から注目が集まる中、日本ワインの魅力に触れる機会を増やし、シャトー・メルシャンをより知ってもらうことを目的とし、今回はより多くの人に気軽に足を運んでもらえるよう、都内で開催する。

グラスワイン販売コーナーでは、フェスティバルならではのスペシャル価格でワインを提供。お好きなワインをグラス単位でオーダーするスタイルになっている。また、ハーベストを実感していただくために、2017年収穫のブドウで仕込んだ、造りたてのワインのテイスティングなど、ワインの魅力を存分に楽しめるイベントに。ぜひ、足を運んでみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/青山奈津美】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事