川越スイーツの新定番!食べ歩き激戦区にチョコレート専門店がオープン

2017年9月13日 13:29更新

東京ウォーカー(全国版) 高橋千広

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

35年以上チョコレート製品を製造してきたセイワ食品が、川越 蔵造りの町並みに焼きたてフォンダンショコラが食べ歩きできる川越初のチョコレート専門店「川越ショコラ Bromagee」を9月13日(水)にオープンした。

全ての画像を見る(5件)

小江戸 川越観光の新定番!

東京都心から1時間、蔵造りの町並みが小江戸の雰囲気を醸し出す人気の観光地、川越。その川越・蔵造りの町並みにチョコレート専門店が9月13日(水)にオープンした。店内は古民家をリノベーションし、小江戸の風情を感じる和モダンな雰囲気。注目の商品は、「総カカオ固形分35%、カカオバター31%以上、無脂カカオ固形分2.5%以上、カカオバター以外の代替油脂は不使用」といった非常に厳格な基準を満たした最高級チョコレートであるクーベルチュールチョコレートを使用した「出来立てフォンダンショコラ」(200円)。出来たてのフォンダンショコラは今までにない、とろっとろのなめらかな口どけとチョコレートの豊かな香りを味わうことができる。出来立てを提供するために、全て店内手作りで製造している。食べ歩きスイーツ激戦区の川越で注目のスイーツの誕生だ。

川越の特産を活かしたチョコレート菓子をお土産で提供

フォンダンショコラの他にも約16種のチョコレートの菓子を品揃えしている。中でも注目は、川越の特産である「芋」を使った芋けんぴのクランチチョコと、1789年創業の老舗「笛木醤油」監修の醤油味のクランチチョコ。「芋けんぴのクランチチョコレート」(400円)は、芋けんぴの味わいとザクザク感がそのまま楽しめる。「お醤油のクランチチョコレート」(400円)は醤油の香りとチョコの香りが絶妙。店舗オープン前に昨年から催事販売を行っていた際も、「川越らしくて良い」「パッケージもかわいくて手土産に最適」などの評価を得ていて、川越の新たな土産の定番としても注目を集めている。

川越の新定番スイーツの誕生!川越初のチョコレート専門店のチョコレート菓子を川越・蔵造りの町並みで食べ歩きしてみてはいかが?【ウォーカープラス編集部/高橋千広】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事