醤油を超える釧路ラーメン、登場!? 釧路で今一番アツイ「麺屋 壱福」

2017年10月5日 22:00更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

北海道東部・釧路市にある「麺屋 壱福(いちふく)」は、店主が試行錯誤しながら生み出す絶品のラーメンが味わえるお店です。

全ての画像を見る(5件)

2009年の開店から多くの人が利用し、列を作るほどの人気ラーメン店。ここでは釧路らしいあっさりの「特製らーめん」(900円)や、和風ダシに麺が浸かった「特製つけめん」(900円)が大人気です。

細麺であっさりという特徴がある釧路ラーメンですが、この特製らーめんは、まさに釧路ラーメンの進化版といえる味わいです。スープは、ゲンコツ、鶏ガラ、野菜を煮込んで寝かせたスープと魚介スープとを出す直前に合わせるダブルスープ。あっさりとしていますが、様々な素材の味を確かに感じられ、鼻から抜ける上品な風味が絶品! 麺は平打の中麺で、自家製麺を採用。元々製麺会社に勤めていた店主の小森さんの経験がいきている、絶品の麺が味わえます。

伝統的な釧路ラーメンを現代風に昇華させたともいえる「特製らーめん」ですが、同店一番人気は「特製つけめん」(900円)。熱盛りは、和風ダシのスープの中に麺が入った状態で出されます。このスープについて店主の小森さんは「食べているうちに麺が絡んだりしないようスープに入れて出している」とのこと。スープに入っていることで最後まで麺が絡まないのはもちろん、熱々のまま食べられます。また食べ進めるうちにつけスープに和風ダシが混ざり、少しずつ味が変わっていくのもたまりません。この店に来たのなら、一度は食べておきたいメニューです。

「特製らーめん」と「特製つけめん」では使用するスープが異なります。「特製らーめん」は豚、鶏、野菜を煮込んだスープと魚介スープで、「特製つけめん」では豚頭。通常臭みが出やすい豚頭ですが、小森さんは研究の末、臭みがでない方法を発見したのだとか。しっかりと煮込まれているので、クリーミーな味わいが魅力です。

23席ある店内は、席の間隔も広くゆったりとくつろげます。平日、休日ともに混んでいる人気店ですが、14時以降か、17時くらいであれば比較的空いているそう。釧路を訪れた際はぜひ味わってほしいお店です!

麺屋 壱福 ■住所:釧路市材木町2-6 ■電話:0154・41・1290 ■時間:11:00〜15:00、17:00~20:00 ■休み:月曜 ■席数:23席(禁煙)

【北海道ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事