新千歳空港で食べ納め!? お土産にオススメの北海道スイーツ&パン

2017年9月20日 21:30更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

北海道の空の玄関、新千歳空港。ターミナルビルにはレストラン、ショップ、映画館、温泉などがズラリと並び、地元でも1日滞在しても飽きない”遊べる空港”として注目されています。

北海道観光を楽しんだ後に、ぜひ知っておいてほしいのが、空港のショッピングモールで北海道各地のスイーツが買えること。つまり、北海道のおいしいスイーツを一気に楽しめるスポットなのです。札幌の「石屋製菓」「千秋庵」、帯広の「六花亭」「柳月」ほか、有名メーカーの定番人気商品が勢ぞろいしているのはもちろん、北海道各地のスイーツ、新千歳空港限定商品もいろいろ。日持ちしない商品だって、北海道を離れる日に空港で買えば、お土産に持って帰れます!

あの「ロイズ」のパンが空港で買える!

生チョコレートや、ポテトチップチョコレートで有名な「ロイズ」。通販ショップも充実していますが、北海道でしか買えないお土産を選ぶのもいいですよね。そこで注目してほしいのが、新千歳空港「ロイズ チョコレートワールド」に併設されたパン工房「ロイズベーカリー」です。北海道にあるロイズ直営店のうち、パンを販売しているのは7店舗だけなので、レア度はバツグンです。

人気ベスト3は、人気の生チョコレート[オーレ]のガナッシュが入った「生チョコクロワッサン[オーレ]」270円、板チョコ1枚をサンドした「グテ」303円、チョコレートを練り込んだパンに濃厚なチョコレートクリームを合わせた「チョコメロンパン」200円。店内の工房で焼いた出来立てのパンが、約50種類そろっています。

ロイズチョコレートワールド ■住所:新千歳空港ターミナルビル 3Fスマイルロード ■電話:050・3786・3771 ■時間:8:00〜20:00(ベーカリー9:00〜20:00、ファクトリー8:30〜17:30)※時期により変動する場合あり ■休み:なし

全ての画像を見る(5件)

並んででも買いたい「美瑛選果」のパン

新千歳空港でしか買えない焼き立てパンといえば、有名なのが「びえいのコーンぱん」。美瑛町の特産品がそろう農協直営店「美瑛選果 新千歳空港店」の名物です。ジューシーな美瑛産スイートコーンがパン生地の約2.5倍入っていて、水も砂糖も一切加えていないというのが信じられないほど、自然で優しい甘さがたまりません。

1日に4回か5回、焼き立てが店頭に並びますが、その時間帯は日によって変動します。予約はできないので、空港に着いたらまず店頭で次の焼き上がり時刻を確認し、30〜45分くらい前に戻ってきて並ぶのがベスト。コーンのほかに、「びえいのまめぱん」5個入り1箱1080円もあり、こちらの焼き上げは朝8:00の1日1回のみ。コーンぱんとまめぱんを合わせ、1人1日2箱まで購入できます(組み合わせは自由)。

美瑛選果 新千歳空港店 ■住所:新千歳空港 国内線ターミナルビル2F ■電話:0123・46・3300 ■時間:8:00〜20:00 ■休み:なし

「ルタオ」の新千歳限定チョコレートスイーツ

小樽に本店のあるルタオの2016年12月にオープンしたチョコレート専門店「ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ」は、新千歳空港だけの新しいショップです。

イチオシは、自家製酵母で発酵させたクロワッサン生地に、十勝産小豆とチョコレートを練り込んだ「ハッピーあんデニッシュ」302円。和洋の食材がコラボしたオリジナルスイーツは、カカオと小豆がマッチして意外なおいしさにびっくり! ナイアガラワインを練り込んだホワイトチョコ「ナイアガラ ショコラブラン フレ」8個入り864円、ココア生地でダージリンの香りの薄いチョコレートプレートを挟んだチョコレートサンドクッキー「テノワール」10枚入り842円〜をはじめ、純洋風のスイーツもそろっています。

ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ ■住所:新千歳空港 国内線ターミナルビル2F ■電話:0123・25・3233 ■時間:8:00〜20:00 ■休み:なし

「もりもと」の空港限定品も要チェック

千歳市に本店がある「もりもと」は、北海道の食材を生かした和洋菓子とパンが人気の店。焼き菓子の「ゆきむしスフレ」や「雪鶴」、トマトゼリー「太陽いっぱいの真っ赤なゼリー」が有名です。

北海道特産の果実・ハスカップを使った「ハスカップジュエリー」は、クッキーでハスカップジャムと北海道産バタークリームをサンドし、さらにクーベルチュールチョコレートで縁取ったロングセラー商品。ホワイトチョコバージョンを加えた詰め合わせ「ハスカップジュエリー ホワイトMIX」は、新千歳空港直営店限定品です。酸味のあるハスカップや、風味豊かなバタークリーム、香り高いチョコレートが、軽い歯触りのクッキーとマッチ。2016年に日本経済新聞土曜版「空港で選ぶご当地スイーツ土産」特集で、新千歳空港第1位に選ばれました。

もりもと ■住所:新千歳空港 国内線ターミナルビル2F ■電話:0123・46・4181 ■時間:8:00〜20:00 ■休み:なし

函館の味「ペイストリー スナッフルス」

北海道新幹線の開通で盛り上がる函館市のスイーツも、新千歳空港で買えますよ。「ペイストリー スナッフルス」は、航空会社の客室乗務員の口コミでスフレタイプのチーズケーキ「チーズオムレット」が大ヒットし、全国に名前が知られています。

新千歳空港店で買うなら、店舗限定の「ふわふわサンドクッキー」がオススメ。空港らしく、雲をイメージした真っ白なマシュマロをクッキーではさみ、さらにチョコレートをたっぷりかけたスティックタイプのチョコサンドクッキーです。シナモンや黒コショウなどのスパイスの香りがふんわりと広がり、高級感漂う大人の味わいは、ウイスキーやワインにも合いそう。JAL国内線のファーストクラスで機内食のデザートに採用された、ひと口サイズのチョコレートケーキ「プティ・ショコラ」も扱っています。

ペイストリー スナッフルス新千歳空港店 ■住所:新千歳空港 国内線ターミナルビル2F ■電話:0123・21・8461 ■時間:8:00〜20:00 ■休み:なし

新千歳空港は、北海道各地を代表する菓子メーカーが競い合う激戦区。どのショップのどのスイーツを選んでも、満足できること間違いなし! 空港のショッピングモールでゆっくり買い物が滞在できるよう、スケジュールの調整をお忘れなく。素通りしてしまうのは、もったいないですよ!

【北海道ウォーカー編集部】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事