【宮城・仙台】ハマグリが主役の「ゆず塩そば」!潮の香に柚子をのせて

2017年10月12日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

国分町の一角とあって深夜まで営業していて、飲みのシメについつい足が向かう「拉麺 はま家」。三重県は桑名産のハマグリを主役に、丸鶏を合わせて奥行きを持たせたスープはまさに傑出の個性。なめらかで“パツン”と歯切れのいい細麺に、ハマグリの香りと風味が絡みつく。65℃で真空調理した鶏チャーシューもふっくらとやわらかい。

全ての画像を見る(4件)

ゆず塩そば(750円)

ハマグリのエキスたっぷりのハマグリ油と、苦みや酸味を一切残さず柚子の香りだけを抽出したゆず油が、ハマグリのスープに爽やかなアクセントを加えている。

■ラーメンデータ<麺>細・角・ストレート/製麺所:非公開・150g<スープ>タレ=塩・仕上げ油=ハマグリ油、ゆず油/濃度:超あっさり/種類:魚介(貝類)、丸鶏

きれいな水で育ったハマグリ

桑名産といえばハマグリのトップブランド。伊勢湾の海岸線、濾過した地下海水に抱かれ、木曽川の天然砂を寝床に育ったハマグリが味わいに生きている。

しそ塩そば(750円)

香気あふれる大葉を使った自家製しそ油は、さながら和製ジェノベーゼ。徐々にスープにとかせば、味わいに劇的な変化が訪れる。【ラーメンウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事