イオンモール神戸南が9月20日全館グランドオープン!

2017年9月26日 20:11更新

関西ウォーカー 惣元美由紀

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

6月に食品スーパーが先行オープンしていた、大型ショッピングモール「イオンモール神戸南(神戸市兵庫区)」で、新業態、近畿初、兵庫県初を含む約130店舗の専門店がそろい、9月20日にグランドオープンした。

当日は、開店前からグランドオープンを待ちわびた客が館外に並び、平日にも関わらず、オープン時には約1,600人が行列を作った。

近畿初出店を含む全13店舗が集結した、活気あふれるマルシェゾーン「キャナルマルシェ神戸うまいち」

第1期オープンの7店舗に加え、8月4日にオープンしている「Heart Bread ANTIQUE」など全13店舗がオープンし、パワーアップした1階マルシェゾーン「キャナルマルシェ神戸うまいち」。最大の特徴は、神戸市中央卸売市場に隣接した立地を生かし、市場直送の青果、鮮魚、精肉など新鮮な食材を中心に市場と提携した今までにない「神戸の台所」を実現したこと。それだけではなく東京・築地の場外市場をヒントに、新鮮な魚介類を使った海鮮丼や寿司はもちろん、惣菜やパンなど、購入した商品を売り場の中心に用意された約200席のイートインスペースで、その場ですぐ食べられるようになっている。また、天気の良い日は新川運河沿いのベンチでのんびりと食事が楽しめるのも「イオンモール神戸南」ならでは。

西側のレストラン街には、近畿初出店の「神戸垂水青果」、十勝豚丼専門店「㐂久好(きくよし)」、「PIZZERIA CAFE & BAR ConeLi(コネリ)」、兵庫初出店の「兵庫の津 魚がし」、ベーカリー「Heart Bread ANTIQUE」、タピオカ・クレープ・カフェ「スイーツパールレディ」、「咖哩人~淡路島カリー & CAFE」など、毎日の“食”をハッピーにしてくれる専門店がズラリと並んでいる。

ライフスタイルをもっとハッピーにするモノ・コトがいっぱい!

2階には、ファッション・雑貨などの専門店、スポーツ用品、家電、書籍などの大型店をはじめ、話題のスポーツ ボルタリングが体験できる「スポーツオーソリティ」、ナムコが関西エリアで初めて出店した仮想現実(VR)体験施設「VR ZONE Portal」など、ファミリーで楽しめるアミューズメントが開店。

デイリーユース、ファミリーユースを問わず、あらゆるライフスタイルに寄り添ったモノ・コトが充実で、一日中楽しめるテーマパークのよう。毎日足を運んでも飽きないラインナップに驚く。

兵庫初出店を含む10店舗が軒を連ねる約800席のフードコート

3階の南側には、約800席を構えたフードコート「Food Forest」があり、兵庫初出店の「IPPUDO RAMEN EXPRESS(イップウドウ ラーメン エクスプレス)」をはじめ、カツ丼・トンテキ専門店「豚屋とん一」、「丸亀製麺」など10店舗がそろう。スタイリッシュアジアをイメージしたという空間は、まるでリビングのような雰囲気でくつろぎながら食事が楽しめる。プロムナード運河に隣接し、新川運河を一望できる環境もウリだ。

9月26日(火)~28日(木)には、キャナルプロムナードで東日本大震災復興支援の感謝を込めて、宮城県名取市ゆりあげ地区の朝市がやってくる「ゆりあげ港朝市」を開催。さんまが各日300匹無料配布されるうえ、朝市で購入した商品をその場で焼いて食べられるBBQコーナーが設置される。

ありとあらゆるモノ・コトがそろい、訪れる人の、おなかも心もパッピーに満たしてくれる「イオンモール神戸南」へ、ぜひ!

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事