【抹茶ラブ】抹茶アイスにほうじ茶ゼリー!利休の地で味わう濃厚パフェ

2017年9月30日 12:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「茶寮 つぼ市製茶本舗」は、嘉永3(1850)年創業の茶舗が営む茶寮。夏はかき氷が人気だが抹茶使いのパフェにも注目。特に、茶室で飲む抹茶のような濃厚さが魅力の「利休抹茶あいすくりーむ」をのせた特選抹茶パフェは、自家製あんや国産天草の寒天なども入って絶品だ。<※情報は関西ウォーカー(2017年9月5日発売号)より>

こだわりの濃厚アイスに抹茶の旨味や苦味が凝縮

全ての画像を見る(4件)

「特選抹茶パフェ」(1144円)。+334円で抹茶や玉露、ホットミルクティー、国産紅茶、+172円でほうじ茶も付けることができる。

【パフェの中身】生クリーム、利休抹茶あいすくりーむ、白玉、あん、ミルク寒天、国産天草寒天、ほうじ茶ゼリー

優しい甘さの自家製あん。北海道産小豆を使った自家製で、豆の風味がふくよか。

「一番味わっていただきたいのは、利休抹茶あいすくりーむ。おうす2杯分の抹茶を使ったアイスをのせています。これは、ほうじ茶ゼリーの香ばしさと好相性。甘さを添えるあんは自社で炊いています」と、副店長の辻 冴織さん。

濃厚ひやあつスイーツ

「利休餅パイ」(918円)。抹茶あんを使った餅を丸ごと入れて焼いたパイはアイスと相性抜群。

町家を改装した店内は、高い天井と木のぬくもりが生きた空間。窓側からは庭園も見える。

■茶寮 つぼ市製茶本舗<住所:堺市堺区九間町東1丁1-2 電話:072-227-7809 時間:10:30~18:00、喫茶11:00~18:00(LO17:30) 休み:火曜(祝日の場合営業) 席数:26席 タバコ:禁煙 駐車場:4台(無料) 交通:阪堺電軌神明町駅よりすぐ>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事