ガンプラ、ラジコン、フィギュアまで!「第57回全日本模型ホビーショー」レポート

2017年9月29日 18:40更新

東京ウォーカー(全国版) 国分洋平

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京ビッグサイトでは、9月29日(金)から10月1日(日)まで第57回全日本模型ホビーショーが開催される。ホビーメーカー各社の最新商品や注目アイテムが一堂に会するホビーの祭典、ビジネスデーの29日に足を運んだ編集部が、その様子をレポート!

全ての画像を見る(10件)

プラモデル、ラジコン、鉄道模型、ミニカーなど、あらゆる模型ホビーが集うこのイベント。これから発売される新商品を一足先に見られるほか、ホビーショー限定品の販売やジャンク市など、会場で実際に商品を購入することができるのも魅力だ。

バンダイブースには、LEDユニットで発光演出を備えた「PG 1/60 ガンダムエクシア(LIGHTING MODEL)」をはじめとする最新のガンプラや、人気作品のキットがめじろ押し。お台場にオープンした「実物大ユニコーンガンダム立像」でも話題の「RG 1/144 ユニコーンガンダム」は、144分の1スケールでありながら変形機構を再現しており、ブースでは実際にユニコーンガンダムの“変身”を間近で見ることができた。

R/Cカーやドローンなど、実演・体験できる展示も多数。転倒してもそのまま自力で起き上がることのできるタミヤの3輪RC「ダンシングライダー」の動きや、R/Cカーに搭載されたカメラとジャイロセンサーのデータをフィードバックし、まるで乗っているかのような感覚を楽しめる京商の体験ブースなど、見るだけでなく五感で楽しめるコンテンツも目白押しだ。

鉄道模型では新作車両やジオラマのほか、待ち合わせや追い抜きなどリアルな運転が楽しめるTOMIXの新制御システムが登場。会場には大きな鉄道模型の走行体験ブースもあるのでそちらも要チェックだ!

フィギュアの出展も見逃せない。動かして遊ぶことのできるアクションフィギュアの新作や、精緻な造形のフィギュア展示は圧巻だ。毛髪や関節部を備えた人気キャラクターのドールなど、個性豊かなアイテムの数々は見飽きることがない。

艦船や航空機、自動車などリアル模型や、人気の高いミニカーの注目作品などのほか、ジオラマキットも多数出展されている。そのほか会場では模型組み立て教室や各種デモンストレーション、トークショーなどステージイベントも開催される。奥山泰弘のジオラマ&ウォールアート展や、イラストレーター生瀬範義のミリタリー・アート展も必見だ。

リアルホビーが集結した一大イベントをぜひ体感してほしい!【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事