柿安本店の新業態!「パーシモンガーデン by Kakiyasu」がオープン!!

2017年10月8日 8:00更新

東海ウォーカー 市川恵充

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1871年に牛鍋店として創業以来145年の歴史を誇る「柿安本店」は、2017年10月11日(水)に新ブランドとして「パーシモンガーデンby Kakiyasu」を、三重県桑名市にオープンする。ここでは、名古屋市内で展開している「おかずや」とは趣向を変えた総菜メニューが並ぶ。柿安本店では初めてのイートインスペースがあり、柿安の総菜を自宅だけでなく店でも気軽に味わえる。

全ての画像を見る(4件)

「パーシモンガーデン」では、総菜やサラダだけでなくベーカリーやおむすびが、豊富にそろっているのがうれしい。そしてイートインスペースのソファ席や開放感のあるテラス席で、店内で購入したおかずなどを味わうことができる。また、スムージーやコーヒーなどのドリンクや、同店のみのイートインメニューも楽しめる。店内の雰囲気は木目調で統一されほっとできるような空間になっており、買い物途中の休憩や、友達や家族と一緒に過ごす憩いの場になりそうだ。

目玉商品は「柿安 牛しぐれカレーパン」(290円)で、コクのあるカレールーに柿安の看板メニュー「牛肉のしぐれ煮」がたっぷり入っていて食べ応え抜群だ!

また自社工場の「柿安スイーツファクトリー」で作られた、北海道十勝産小豆を使った「フレンチバケットサンド(小倉あん&クリーム)」(346円)もオススメだ。

そして、オープン記念として10月11日(水)から15日(日)まで「オープン記念お楽しみ袋」(2000円)が販売される。なかには、目玉商品のカレーパンや「釜揚げ牛肉やわらか炊き」などが入っていてお得な内容となっている。数量限定なので、早めにゲットしよう!!【東海ウォーカー/市川恵充】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事