愛され続けて50年以上!神奈川のおすすめ中華料理店3選

2017年10月6日 18:22更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

レバニラ、タンメン、餃子、ホイコーロー…一人でも、友人とでも、家族でもいつでも気軽に食べられる町中華。今回は横浜ウォーカー編集部が、ジモトで絶大な人気を誇る中華料理店を徹底リサーチ。その中から50年以上愛され続ける店をピックアップ!

3代目と4代目の親子で手作りにこだわる 三崎口の「中華料理 牡丹」

全ての画像を見る(7件)

三崎口港の近くにあり、1947(昭和22)年から営業している「中華料理 牡丹(ぼたん)」。昔はよく、マグロ漁船の漁師たちが陸に上がった時に立ち寄ったという。看板メニューは、毎日手作りされる「焼売」(550円)と「叉焼(チャーシュー)」(1,300円)。昼前にでき上がり、それぞれ売切れ次第終了となる。ほかにも「ニラレバ」(750円)は炒める前にレバーを揚げることで食べやすくするなど、提供される料理には長年愛されてきた理由が詰まっている。

東山田で開業し今の場所へ。並んででも食べたい「龍巳飯店」

20年前に仲町台へとやってきた「龍巳飯店」は、1927(昭和2)年に先代シェフが東山田で開業した。ゴマの香りを効かせた、クリーミーかつ濃厚な味わいの「四川風担々麺」(880円)が看板メニュー。創業時からの味を受け継ぎ、長年愛され続けている。そのほかにも、エビやホタテなど海鮮風味の「五目あんかけチャーハン」(1000円)や、コクと旨味が効いた秘伝のタレで炒めた「玉子ときくらげの豚肉入り炒め」(830円)など、気軽に食べられる定食から本格中華まで幅広いメニューがそろっている。

60年以上愛される、鶴見を代表する「満州園」

鶴見を代表する中華料理店「満州園」。オープンしたのは1955(昭和30)年で、駅ビルができる前から3代続いている。看板メニューは「餃子」(550円)! “「満州園」=餃子”というイメージがつくほどの人気メニューだ。ほかには、甘エビを殻ごと揚げて塩で炒めた「塩酥蝦(エンスーシャー)」(1100円)や、鉄鍋で煮た「四川麻婆豆腐」(1200円)などがおすすめ。持ち帰り用に20個入りの冷凍餃子(1680円)も販売しているので、長年愛されてきた「満州園」の餃子を家でも楽しむことができる。

長年続くお店にはそれだけの理由がある。ジモト民から愛され続ける中華料理を食べに行ってみては。

「横浜ウォーカー」10月号では、神奈川の「町の愛され中華」を特集しているのでチェックしてみて!

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事