都内で“小江戸散歩”!? 埼玉のクラフトビールとご当地料理で旅気分に

2017年10月7日 17:50更新

東京ウォーカー ホシ

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

iBEER LE SUN PALM(アイビアー・ルサンパーム)は、10月11日(水)から10月31日(火)まで、コエドビールと埼玉グルメが楽しめる期間限定のイベントを、二子玉川ライズ店と渋谷ヒカリエ店にて開催する。

全ての画像を見る(7件)

1ヶ月ごとに1つのブルワリー(造り手)と、そのブルワリーがある土地ならではの料理が楽しめる企画「ビールで旅する3ケ月」。9月には、第1弾「伊勢角屋麦酒と三重グルメ」が開催された。

第2弾となる10月は、埼玉県のコエドブルワリーとコラボした「コエドビールと埼玉グルメ」を開催。コエドビールを代表する日本の色名を冠するビールから「白」、「紅赤」、「伽羅」、全国でも数店舗しか飲めない数量限定ビールの「レジスタIPA」、「狭山茶セゾン」が提供される。

料理は、昔から川越の子供たちにおやつとして愛され続ける太麺焼きそばに埼玉小松菜をあわせた「埼玉小松菜の川越太麺焼きそば」(780円)、東松山でやきとりとして親しまれている豚カシラの串焼き「東松山の豚かしら焼き」(1本 280円)、埼玉県産サトイモを醤油とアニスで煮て揚げた「埼玉県産里芋のハチミツ赤ワイン煮フリット カレー塩添え」(680円)を提供。旅したような気分で、クラフトビールと料理が楽しめる。

ご当地ビールと、ビールに合うグルメを楽しんで、東京で旅行気分を味わおう!【ウォーカープラス編集部/ホシ】

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事