京阪神の最新人気カフェ3選!行列の攻略法を紹介

2017年10月17日 15:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

オープン以来、まだまだ行列が続く人気のカフェを京阪神エリアからピックアップ!並んででも食べたいメニュー、行列の状況を調査してご紹介します!<※情報は関西ウォーカー(2017年10月10日発売号)より>

あんの花束が愛らしい点心がこの秋、三条寺町店限定で登場!

「甘党茶屋 梅園 三条寺町店」は、“四角いみたらし団子”で有名な甘党茶屋のカフェ。他店とメニューはほぼ同じだが、店舗ごとにあしらいが異なる工夫がおもしろい。豊富なドリンクは、気分に合わせてセットで頼むとお得。9月末には、三条寺町店限定の「寺町点心」(880円)に加え、新たな点心が登場した。

全ての画像を見る(17件)

「花点心」(930円)。おなじみのみたらし団子やわらび餅、栗の渋皮煮、新メニューのあんの花束など6種が楽しめる。

「みたらし団子と小さいパフェ」(880円)。抹茶アイスのパフェには、2種のわらび餅も(アイスはバニラに変更可)。

古い建物の雰囲気を壊さず、古材の質感はそのままに新しさを共存させた、落ち着く空間。

店内に併設されたキッチンで、ほとんどのメニューが手作りされ、できたてが味わえる。

2階には、人気のカウンターのほか8人まで利用できるテーブルが置かれ、団体客にも対応。

三条通と寺町通が交差する北西角に位置する。

【行列MEMO】ピーク:土日祝14:00~17:00 待ち時間:約10分。席数が多いので回転が速く、思いのほか早く入店できる。写真は土曜の15時ごろの様子。13人ほどが並び列を成している。 男女比:男2:女8 年齢層:年齢層は幅広いが、18時以降は男性客が目立つそう。 狙い目タイム:平日、休日を問わず、オープンからお昼までと、18時前後が比較的スムーズに入れる。

「他店に比べ、間口や店内が広いのでベビーカーでの入店や団体でのご利用もOK。また、京みやげには、みたらし団子やわらび餅がおすすめです」と、マネージャーの藤原秀俊さん。

■CAFE DATA/席数:43席(テーブル33席、カウンター10席) ドリンク:コーヒー(620円)など12種 フード:なし スイーツ:みたらし団子(430円)、クリームあんみつ 黒みつ添え(800円)など15種 たばこ:禁煙

■甘党茶屋 梅園 三条寺町店<住所:京都市中京区天性寺前町526 電話:075-211-1235 時間:10:30~19:30(LO19:20) 休み:なし 駐車場:なし 交通:地下鉄京都市役所前駅より徒歩5分、京阪三条駅より徒歩6分>

升の中に抹茶の絨毯!美しすぎるティラミスを

「MACCHA HOUSE 抹茶館 なんばウォーク」は、SNSで人気が爆発し、京都で行列店となった「抹茶館」の国内4号店。シンガポールや香港などアジアを中心に12店舗を展開し、看板メニューの「宇治抹茶ティラミス」は海外で大好評となり日本に逆輸入されたもの。京都・宇治の老舗「森半」の抹茶を使用している。海外でアレンジされた抹茶メニューが新鮮。

「宇治抹茶のティラミス」(594円)。マスカルポーネチーズ入り自家製クリームと、品のある抹茶の渋味がいいアクセントに。

「ソフトクリーム抹茶きなこわらび餅」(594円)やドリンク類はテイクアウトが可能で比較的スムーズに買える。

セルフスタイルなので、店頭で注文して席へ。

なんばウォークのフォレストパーク前、近鉄大阪難波駅と日本橋駅のほぼ中間にある。天気に左右されない立地もグッド。

「1号店がオープンして以来、人気のティラミスは、店内でお作りしているので、いつでもできたての状態です。ほかにはない食感が味わえます」と、店長の福岡千明さん。

【行列MEMO】ピーク:土日祝14:00~18:00 待ち時間:30~60分。ため息が出るほど美しいティラミスの姿かたちをめで、撮影する人が多く最低30分。土曜の14時ごろから行列ができ始め、途切れることなく夕方まで続く。 男女比:男3:女7 年齢層:場所柄、幅広い年齢層が利用。仕事帰りの男性客の姿も多い 狙い目タイム:オープン直後から12時ごろまで、または、19時以降の遅い時間。

■CAFE DATA/席数:40席(テーブル40席) ドリンク:お抹茶(648円~)、抹茶ラテ(594円)など18種 フード:なし スイーツ:抹茶館パフェ(981円)、抹茶あずき白玉ソフトクリーム(594円)など5種 たばこ:禁煙

■MACCHA HOUSE 抹茶館 なんばウォーク<住所:大阪市中央区難波1 なんばウォーク3-12(なんばウォーク2番街) 電話:06-6214-5635 時間:10:00~22:00(LO21:30) 休み:施設に準じる 駐車場:なし 交通:地下鉄なんば駅と直結>

口いっぱいに広がる幸せ!極厚ふわふわパンケーキ

「YORKYS BRUNCH 神戸元町店」は、パンケーキが評判の夙川にある人気カフェの2号店。注文が入ってから生地を作り熟練の技で焼き上げる、スフレのようなふわふわ食感のパンケーキに魅了される人が続出中。エッグベネディクトやハンバーガーなど、食事系メニューも充実している。

「パンケーキクレームブリュレ(神戸元町店限定)」(手前・1620円)、「エッグベネディクトベーコンとほうれん草」(奥・1080円)。

パティにトマト、ベーコン、オムレツなどが重なったボリューム満点の「ヨーキーズバーガー」(1328円)もぜひ。

ナチュラルでウッディな雰囲気の店内は、贅沢なほど広々としていて落ち着く。

大丸神戸店近くのビルの地下1階に位置。神戸の街になじむスタイリッシュでシンプルな外観。

「ディナータイムは、比較的ゆったりとしています。本格的なイタリアンを食べたあと、デザートにパンケーキをご注文いただけますのでおすすめです」と、スタッフの松榮泰裕さん。

【行列MEMO】ピーク:全日13:00ごろ 待ち時間:60~90分。パンケーキは、焼き上がりまでに約30分かかるため、最低でも60分は待つ覚悟で。平日、休日を問わず、12時30分~15時ごろまではつねに満席状態に。 男女比:男1:女9 年齢層:20~40代の女性中心だが、10代後半、50代以上の女性客もちらほら。 狙い目タイム:午前中、または17時以降のディナータイムが比較的ゆったり。

■CAFE DATA/席数:66席(テーブル60席、カウンター6席) ドリンク:コーヒー(486円)など約35種 フード:ベーグルサンドイッチ(1188円)など約13種 スイーツパンケーキ(1080円~)など約8種 たばこ:禁煙

■YORKYS BRUNCH 神戸元町店<住所:神戸市中央区明石町32 明海ビルB1 電話:078-599-8616 時間:9:00~23:00(LO22:00)、土日祝8:00~23:00、ランチタイム11:00~17:00 休み:なし 駐車場:なし 交通:JR、阪神元町駅より徒歩6分>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全17枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事