ガッツリ系が多く満足度高し!「ホテルグランヴィア京都」ブッフェレポート

2017年10月19日 17:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ホテルグランヴィア京都」は、今年開業20周年を迎えた人気ホテル。アニバーサリーイヤーを記念したフェアは、人気メニューをグレードアップした華やかな料理や、秋の味覚がめじろ押し!マツタケやアワビといった高級食材も登場する。ライブ感あふれるオープンキッチンも魅力だ。<※情報は関西ウォーカー(2017年10月10日発売号)より>

秋の味覚と豪華料理がアニバーサリーイヤーを彩る!

全ての画像を見る(10件)

「香味野菜と赤ワインでマリネした国産牛のローストビーフ」(上)。ル・タンで人気のローストビーフがグレードアップ。赤ワインと香味野菜に大きな肉の塊を漬け込み、絶妙な焼き加減で仕上げる。

「松茸と白身魚の香封ホイル焼き」(中・ランチ限定)。マツタケやギンナンなどの秋の味覚と白身魚をフレンチ仕立てにしたホイル焼き。マツタケの香りが食欲をそそる。

「北海ちらし寿司」(下・ランチ限定)。雑穀米を使ったシャリの上に、エビ、サーモン、イクラなど魚介をのせたちらし寿司。彩りの美しさにも注目を!

「ポークソテー 秋の収穫ソース」。特製のタレに2日間漬け込んだポークソテー。サツマイモ、栗、レーズンをソースに使用し、秋らしさも満点。

「石釜焼きピッツァ 秋のきのこと生ハム」(ディナー限定)。シイタケやエリンギなどの6種のキノコと生ハムをトッピングし、オープンキッチンの石窯で焼き上げるピザ。

「指宿山川港の炙り鰹カルパッチョ」。鹿児島県指宿産の新鮮なカツオを使ったカルパッチョ。ショウガ、ミョウガ、大葉を添えてさっぱりとした味わいに。

「焼きたてスフレ」。外はサクッと、中はフワフワの食感が絶妙なジャンボスフレは必食!ブッフェ開始から45分後をめどに焼き上がる。

ディナーはさらに豪華

豪快な蒸し上げズワイガニが食べ放題。カニ酢でさっぱりと味わう。

1人1皿ずつ提供される「あわびの丸ごとロースト ブルゴーニュ風」は、ガーリックやパセリを合わせたエスカルゴバターが絶妙。

シェフの青山泰章さんに聞いた!うちのブッフェのここが自慢

<1>マツタケを惜しみなく使用!ディナーは高級食材もお見逃しなく

「香り豊かなマツタケを使った料理は秋ならでは。外はカリッ、中はフワフワの衣で揚げた松茸と鱧のベニエ(写真、ディナーと土日祝ランチのみ)がおすすめ。ディナーは高級食材も多数あります」

<2>アツアツの料理を提供するシェフズコーナーは鐘の音が合図

「ブッフェの一角にある『シェフズコーナー』は、その場で豪快に切り分けるローストビーフやスフレなど、できたて料理をご提供します。鐘の音の合図をお聞き逃しなく!」

ライブキッチンからアツアツの料理が次々に提供される。

広々としたモダンな雰囲気の店内。京都駅直結のアクセスのよさも魅力。

■ブッフェDATA/「秋の味覚&開業20周年記念バイキング」時期:10月31日(火)まで 料金:ランチ(2900円)、土日祝(3500円) ※2部のみWEB予約で2500円(土日祝除く)、ディナー(4900円) ※WEB予約で3800円(土日祝除く) 形式:全メニューブッフェ 実施時間:ランチ1部11:30~13:00、2部13:30~15:00(最終入店14:30)、ディナー1部17:30~19:00、2部19:30~21:00(最終入店20:30) 制限時間:90分 予約:可(電話、WEB) メニュー:70種 ドリンク:10種

■ホテルグランヴィア京都 カフェレストラン ル・タン<住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル 2F 電話:075-342-5525(直通) 時間:6:30~24:00(LO23:30) 休み:なし 席数:164席 交通:各線京都駅と直結>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事