かわいいと話題!シナモロールが築地発のくまパンとご対面

2017年10月20日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) 著・東京ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「はじめまして! シナモンです。ぼくは遠いお空の雲の上で生まれた、白い子犬の男の子。『カフェ・シナモン』のお姉さんが焼くシナモンロールの香りに誘われて、シュクルタウンにやってきたよ」。

全ての画像を見る(12件)

そんなある日、「カフェ・シナモン」に遊びに来てくれる大好きなお友達のために「ランチタイムにおいしいパンを出したいな」と思ったシナモン。そこで食いしん坊のカプチーノからアドバイスを受け、いろんなパン屋さんを巡ってパン作りを勉強することに!

第5回目は築地ならではのパンをチェック!

「オリミネベーカーズ」は、築地発のパン屋さん。木や紙箱を扱う折り箱店「折峰」のオーナーが、築地にパン屋が少なかったことから「築地は日本ならではの素材がそろう場所。ここでグルメなパンを作りたい!」とはじめたお店だ。

「はじめまして、シナモン。菓子パンから食パン、食事パンまで、いろんなパンがあるから楽しんでいってね!」と店長の藤井さん。

「どれにしようかな。あっ! クマさんのパンを見つけたよ♪」

シナモンが気に入ったパンはこちら!

「パンって、いろんな料理と組み合わせることもできるんだね! お姉さんが作る料理を使ったパンも作ってみたいな」と、シナモンも新しいアイデアが湧いた様子。そんなシナモンに、「パンの可能性は無限大! その日によって生地の状態が違うのもパンのおもしろさなんだ。こねたり形を作るときは、生地の声に耳を傾けるとよりおいしいパンができるよ」と藤井さん。

パン作りの極意を教わり、「パン作りって奥が深いなぁ。まだまだいろんなお店を巡らなきゃ!」と再度気合いが入ったシナモン。次はどこへ出かけるのでしょうか。

次回予告

第6話の配信は10月21日(土)! 長らく日本で愛されるあんぱんを生み出した「銀座木村家」で、昔ながらのパンについて学びます。お楽しみに!

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事