【グランパス】J1昇格への天王山、名古屋まつりでパブリックビューイング開催だがね

2017年10月19日 19:20更新

東海ウォーカー 吉橋和宏

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2017年10月15日(日)に開催された、明治安田生命J2リーグのホームゲーム、第37節・湘南ベルマーレ戦。今季ベストゲームとの呼び声高いこの試合でグランパスは、同リーグの週間ベストゴールにも選ばれたFWシモビッチ選手の“スーパーな一撃”などで3-2の逆転劇を演じ、首位・湘南を叩いた。その勢いのまま九州に乗り込むチームは、5連勝を目指して10月21日(土)の第38節でV・ファーレン長崎とのアウェイゲームを戦う。

「名古屋まつり」でパブリックビューイング開催

そんな長崎戦は、J1復帰に向けて湘南戦同様に重要な一戦ということで、同日に名古屋市内で開催される「第63回 名古屋まつり」にて、パブリックビューイングイベントが行われることが決定したぞ!

「名古屋まつりで『J1へ名古屋の風を起こそう』 名古屋グランパス パブリックビューイング」と題された同イベントの会場は、名古屋・栄のオアシス21。19:00キックオフとなる試合の前半を観光案内所横に常設された120インチのビジョンで、後半を銀河の広場特設ステージの235インチ大型ビジョンで楽しめる。当日はグランパスのスタジアムDJでもあるYO!YO!YOSUKEが司会を務めるほか、現在ケガで長期離脱中のMF八反田康平選手やグランパスくんが登場して会場を盛り上げる。

全ての画像を見る(9件)

V・ファーレン長崎戦の見どころはココ!

対戦相手のV・ファーレン長崎は現在3位だが、グランパスとの勝ち点差はわずか2。この日の試合にグランパスが勝って勝ち点3を手に入れれば、その順位は入れ替わる。その場合グランパスは勝ち点を68に伸ばし、翌日に試合を控える2位・アビスパ福岡と勝ち点で並ぶが、得失点差で確実にグランパスが上回るため暫定2位に。翌日の福岡の結果次第では、残り4試合でJ1自動昇格となる2位を確保できることになる。

福岡と対戦する10位・ジェフユナイテッド千葉は前節、5位・松本山雅FCを相手に5-1で大勝するなど好調を維持しているだけに、ぜひともグランパスは勝ち点を積み上げ、福岡にもプレッシャーをかけておきたいところだ。

ただし、目の前の敵であるV・ファーレン長崎は8戦無敗とこちらも好調。前節のレノファ山口FC戦では劇的な逆転勝利を手にして勢いに乗っている難しい相手だ。一方のグランパスは、攻撃の要であるMFガブリエル・シャビエル選手が負傷し、長崎戦の出場は不透明。夏の加入後の14試合で7ゴール14アシストを叩き出している規格外の男が欠場となれば、チームにとっては大きな痛手であることは間違いない。

しかし、シャビエル選手加入前である前回の対戦では2-0でグランパスが勝利しているほか、ベテランFW玉田選手やMF田口泰士選手、MF青木亮太選手らの調子が上向きな点もプラス材料。古巣・長崎が相手ということで、FW永井 龍選手の奮起にも期待できそうだ。

併催イベントもチェックしよう!

ちなみに、同日11:00からオアシス21 銀河の広場で行われる「でらスポ名古屋 参加型スポーツ体験コーナー」にも注目したい。こちらのイベントには、名古屋グランパスはもちろん、フットサル・Fリーグの名古屋オーシャンズ、女子サッカー・なでしこチャレンジリーグのNGUラブリッジ名古屋、アメリカンフットボール・Xリーグの名古屋サイクロンズが参加。キックターゲットやQBチャレンジなどを体験することができる。

10月21日(土)は、名古屋まつりを満喫しながらグランパスを応援しよう!【東海ウォーカー/吉橋和宏】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事