【絶景イルミ】嵯峨・嵐山が幻想的な灯りで輝く!初冬の風物詩「京都・嵐山花灯路」

2017年11月5日 9:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「京都・嵐山花灯路-2017」は、歴史的文化遺産が点在する嵯峨・嵐山が幻想的な“灯り”と“花”で彩られる古都の風物詩。無数の露地行灯といけばな作品で演出される「灯りと花の路」、渡月橋のライトアップなど、京都ならではの美しい風景を堪能して。<※情報は関西冬ウォーカー2018より>

全ての画像を見る(4件)

渡月橋と山裾、水辺などをライトアップし、雄大で美しい夜の自然景観を演出する。記念撮影スポットとしても人気。

野宮神社から大河内山荘庭園にいたる竹林の小径を美しくライトアップ。ため息が出るほどの幻想的な情景に酔いしれて。

露地行灯の“灯り”と“花”で演出される、ロームが灯す「灯りと花の路」。歩きたくなる路を創出する。

いけばなプロムナードも!

京都いけばな協会の協力で、各ポイントにボリューム感のあるいけばな作品が展示される。独創的ないけばなにうっとり♪

<イルミデータ/点灯時間17:00〜20:00(予定) LED・電球数:非公開 料金:散策無料(拝観料など別途要)>

■京都・嵐山花灯路-2017<住所:京都市右京区・西京区嵯峨・嵐山一帯 電話:075-212-8173(京都・花灯路推進協議会事務局) 会場:嵯峨・嵐山一帯 期間:12月8日(金)~17日(日) 交通:JR嵯峨嵐山駅、阪急嵐山駅、嵐電嵐山駅よりすぐ>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事