富士急ハイランドのスケートリンク、関東・甲信で今冬最速オープン!

2016年10月24日 12:33更新

東京ウォーカー(全国版) コタニ

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

富士急ハイランドは、10月29日(土)に屋外スケートリンク「クリスタルラグーンリンク」をオープンする。

全ての画像を見る(3件)

今年も関東・甲信一早いオープンとなる「クリスタルラグーンリンク」。当日は、「東京女子体育大学フィギュアスケート部」による華麗なオープニングスケートショー披露の後、今年2月に「第33回 全農 日本カーリング選手権大会」で準優勝を果たした富士急行カーリング部「チーム富士急」と一緒に楽しむカーリング体験や、初心者を対象としたスケート教室を実施する。

富士急ハイランドでは、レンタルアイテムが充実。初心者にスケートを楽しんでもらうため開発されたオリジナル「二枚刃スケート靴」のほか、スケート補助具「Qスケ」、氷上ソリ「スケートメイト」や「ヘルメット」などが用意されている。

さらに、初心者専用の「初心者エリア」を拡大。スタッフによるスケート教室も毎日開催し、スケート初心者でも安心してチャレンジできるよう、強力にバックアップする。

また、富士山の麓というロケーションから、眺望も見どころのひとつ。

園内中央に位置するクリスタルラグーンリンクは、富士山をバックにスケーティングが楽しめる。特に、イルミネーションが点灯する夕方やマジックアワー(日没後の、辺りが残光に照らされるわずかな時間)では、光り輝く幻想的な雰囲気の中でスケーティングが味わえる。

雄大な富士山を望む開放感あふれるアイススケートリンクで、冬のスケートシーズンを先取りしてみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事