進化し続ける10神アクター!その魅力と本音に迫る

2016年11月17日 17:00更新

九州ウォーカー 鶴田知子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡を中心に活躍するイケメンエンターテインメント集団「10神ACTOR(テンジンアクター)」。2014年12月に番組のオーディションがきっかけで結成し、グループでの活動はもちろん、個々でも活躍の場を広げ、その勢いはとどまるところを知らない。放送中の「神伝説を残す男たち 10神ACTOR S5.0」(FBS福岡放送)をはじめ、歌やダンス、舞台などマルチに活躍中だ。11月25日(金)から27日(日)には、10神ACTOR舞台第2弾「志ノ塾、未来攻防戦!RETURNS」公演がパピヨン24 ガスホール(福岡市博多区)で行われる。

全ての画像を見る(9件)

今回、進化を続ける彼らの本音に迫るべく、馬越琢己(23)、岡進太郎(21)、北田祥一郎(19)の3人にインタビューを行った。

――結成から2年が経ち、たくさんの変化があったと思うのですが、一番大きく変わったと感じるところはどこですか?

岡「一人一人の意思が大きく変わったと思います。ライブや番組で、役割分担、キャラの確立ができたというのもあるし、それを自分たちがきちんとわかって動けるようになりました」

馬越「エンターテインメントへの勘が鋭くなりました。ライブの構成の打ち合わせとか『ここでこういう曲を出したら、盛り上がるよね』っていう声が増えたり、みんながすごく意見を言うようになりました。より絆が深まったし、向上し合える仲になってきました」

北田「ライブやテレビ収録に対する本気度が増しました。本気だから悔しいと思うことも多いし、それをどうやって改善しようかと考えるのも楽しい。そういう気持ちの面が一番変わったと思います」

岡「(北田)祥一郎は本当変わったよね。自分の意見を言うようになったし、周りが見えるようになった。大学入学や、(4月に挑戦した)マラソン、ライブなどのタイミングが重なっていて、いい方向に影響したのかなと思います」

――まだ19歳。大人への階段を登っているのかな?

北田「はい、登っています(笑)!」

――みなさんにとって2016年はどんな年でしたか?また2017年はどんな年にしたいですか?

岡「2016年は、2015年よりもさらに早いスピードで駆け抜けてきました。その中で、たくさんのことを吸収できたかなって思っています。ただ、受け取るのに必死な1年だったので、2017年は、蓄えた力をライブやパフォーマンスにアウトプットしたいなって思います」

馬越「2016年は、タイやインドネシアに行って、路上ライブをしたり、イベントに参加したり、『パクチー・ヘブン』という曲でインパクトを与えたり、“話題性”を大切にしてきました。それで知名度が上がったのは自分たちも感じるのですが、『10神ACTORっていうグループは知ってる』ってところで止まっているのも感じます。だから、2017年はその人たちにライブやイベントに来てもらえるように、もっと魅力と実力を高めていきたいです」

北田「初めて海外に行ったんですけど、自分の考えていることがとっても小さいなって感じました。現地の人や文化、料理などたくさんの刺激を受けたので、その中で得た経験や知識を生かしたいと思います。2017年は自分から発信して、いろいろ挑戦してみたいです」

――11月25日(金)から27日(日)に公演する10神ACTOR舞台第2弾「志ノ塾、未来攻防戦!RETURNS」について教えてください

北田「芝居、殺陣、お笑い、ダンス、歌とすべてのエンターテインメントが、たっぷり詰まった舞台になっています」

馬越「前回(2016年6月公演)と違うところは2部制ではなくなったところです。今回はあらゆるエンタメ要素を1つにまとめた、今まで誰も見たことないようなまったく新しい舞台になっています。ストーリー的にはガラリと変わっているので、初めて見る人でも楽しめます」

岡「タイムスリップする話なので、時系列がいったりきたりしちゃうんですけど、それを楽しんでほしいです。5回公演あるのですが、2度3度、足を運んでもらえると、違う角度から楽しめると思います。1回目は素直に受け取って、2回目はちょっと違う視点から見て……、だから何度も来てほしいです!」

――楽しそうなのがすごく伝わってきます。最後にファンの方にメッセージをお願いします

北田「舞台は、本当に盛りだくさんの内容になっています。僕らの稽古の成果も含め、会場で一緒に楽しんでほしいです」

岡「僕らの持ってる力を存分に発揮する舞台なので、10神ACTORをちょっとでも気になっている家族や友達がいたら、ぜひ一緒に観に来てほしいです」

馬越「僕らは、ファンの人たちを飽きさせないエンターテインメントを作っていくし、進化し続けると思います。今、一番伸びしろがあるグループだと思うし、可能性が無限大だと思うので、応援よろしくお願いします。また、今後の活躍も楽しみにしてくれたらうれしいです」

10神ACTORのステージや舞台を一度観ると、その魅力にハマる人は多い。荒削りな部分も含め、観る人を味方につける、観る人がつい応援したくなる、そんなパワーを持ったグループなのだ。気になる人は、彼らの“今”が存分に詰まった舞台「志ノ塾、未来攻防戦!RETURNS」にて、その魅力とパワーを体感してみよう。【福岡ウォーカー編集部/鶴田知子】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事