日本一の3Dプロジェクションマッピングとは?

2016年12月12日 17:30更新

九州ウォーカー 米木

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ハウステンボスでは2016年12月30日(金)に、高さ105メートルを誇るシンボルタワー・ドムトールンを舞台にした映像イリュージョン「ドムトールン3Dプロジェクションマッピング」がプレスタートする。

全長13メートル×高さ6.5メートル世界最大の炎を吐く「光のドラゴンロボット」や高さ30メートルのシンボルマストを軸に星空が広がる「光の天空ツリー」、7色1000本の傘とイルミがコラボ「光のアンブレラストリート」など、新コンテンツが続々と増え続けている「光の王国」。さらに同日からは世界で活躍する炎の曲芸師集団「ファイヤーレジェンド」による魔法のように自由自在に炎を操るショーも開催する。

全ての画像を見る(6件)

世界最大1300万球の光と、美しく暖かな炎が照らす冬のハウステンボス。友達や家族、恋人とぜひ行ってほしい。【ウォーカープラス編集部/米木】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事