現在、緊急メンテナンス中のため、プレゼント&試写会をご利用頂くことが出来ません。お客様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございません
ウォーカープラス編集部

グルメ

あんこ好き必見!京都で人気の“あんこ×抹茶パフェ”3選

京都府 関西ウォーカー 2016年12月21日 19時34分 配信

老舗の茶屋や甘味処が手掛ける、絶品あんこスイーツが数多くそろう京都。中でも、あんこの存在感を際立たせる、“抹茶パフェ”が人気となっている。そこで、編集部がおすすめする、あんこ好きなら絶対食べたい、京都で人気の“抹茶パフェ”を紹介しよう!

あんこが引き立てる“抹茶尽くし”のパフェ「二軒茶屋」

八坂神社の南楼門前に位置する、茶屋と料亭から成る「二軒茶屋」。室町時代、表参道だったこの地には、当時2軒の茶屋が向かい合っていて、そのうちの1軒である柏屋の流れをくむ。蔵を丸ごと使ったカフェでは、わらび餅やぜんざい、パフェなどのバラエティ豊かな甘味が楽しめるほか、江戸時代の案内書にも紹介されている名物の田楽豆腐、おばんざいなどの食事メニューも充実。

すべての写真を見る(3件)
【おすすめのパフェ】「抹茶パフェ」(1250円)は、抹茶ソフトや抹茶アイス、抹茶ケーキなど、ほろ苦く香りのよい抹茶スイーツがぎっしり。あんこや自家製わらび餅との相性も抜群だ!

“職人技が光る寒天”があんこを際立たせる「月ヶ瀬 祇園いちむら店」

2016年で創業から90年を迎えた、祇園四条の甘味処「月ヶ瀬 祇園いちむら店」。四条河原町にある和菓子店の若狭屋吉勝の一角に構えた茶房が始まりで、なかでもあんみつは根強い人気を誇る。

【おすすめのパフェ】「抹茶寒天パフェ」(1080円)は、みずみずしい寒天や、季節や豆の状態によって炊き方を変えるあんこなど、職人技が光る贅沢なパフェ。甘さを加えない寒天や抹茶ゼリーは、あんこのおいしさを引き立てる名わき役だ。フワフワの白玉や抹茶アイスがのり、八つ橋がアクセント!

粒あんと“玉露が香るアイス”の相性が抜群!「永楽屋本店 喫茶室」

1946年の創業当時から、上生菓子などの“甘いもの”と、佃煮を中心とする“辛いもの”の両方を取り扱う河原町の「永楽屋本店 喫茶室」。1階が販売スペース、2階が喫茶室となっていて、季節の生菓子やパフェ、あんみつなど、全国からえりすぐった食材を使ったオリジナルメニューが味わえる。

【おすすめのパフェ】“永楽通宝”の焼印入りのせんべいがのる「楽・抹茶パフェ」(1080円)。抹茶カステラや玉露アイス、白玉、粒あん、寒天などの、味のバランスも計算し尽くされたパフェは絶品だ!【関西ウォーカー編集部】

■二軒茶屋
住所:京都市東山区祇園 八坂神社鳥居内
電話:075-561-0016
時間:11:00~19:00(LO)
休み:水曜

■月ヶ瀬 祇園いちむら店
住所:京都市東山区四条通大和大路東入ル祇園町南側584
電話:075-525-2131
時間:12:00~19:00
休み:水曜(祝日の場合翌日)、第1木曜

■永楽屋本店 喫茶室
住所:京都市中京区河原町通四条上ル東側
電話:075-221-2318
時間:12:00~19:00(LO18:30)
休み:なし

グルメ、寺社仏閣、お土産などの情報満載!行こう京都観光ページへ

  • あんこや自家製わらび餅との相性も抜群な抹茶スイーツがぎっしりの「抹茶パフェ」(1250円)/二軒茶屋
  • 【写真を見る】みずみずしい寒天と季節やあんこがのった「抹茶寒天パフェ」(1080円)/月ヶ瀬 祇園いちむら店
  • 抹茶カステラや粒あんなど味のバランスが計算し尽くされた「楽・抹茶パフェ」(1080円)は絶品!/永楽屋本店 喫茶室

京都観光“ジャンル別”まとめ

ジャンル別に京都のおすすめ観光記事をまとめました!

手作り&遊び!京都らしい伝統体験

和雑貨の小物づくりや遊びなど、京都らしさを存分に感じられる伝統体験を、記者自らが体験レポート!寺社巡りやグルメだけでは京都の楽しみ方を紹介!

>>京都観光で京都らしい伝統体験まとめを見る

京都の名所を巡るおすすめ観光コース

名所を巡るのに役立つおすすめ観光コースを紹介。東京などから日帰りで楽しめる、6時間以内で人気エリアが巡れる情報も!

>>京都観光の観光コースまとめを見る

京都の人気観光名所で食べたい!京都のグルメ

人気寺社が巡れる東山や、絶景が楽しめる嵐山など、京都で人気の観光名所にいったら食べたい、京都のグルメを厳選!

>>京都観光の観光グルメまとめを見る

関連記事

京都のニュース・イベントをもっと見る ▼
トレンドニュース 関西 ▼

おすすめ情報

エリアおすすめ情報