神戸どうぶつ王国を完全ガイド! 動物との触れ合い体験が大人気

2020年6月25日 12:37更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2006年に「神戸花鳥園」として開園し、2014年から現在の名称に改めてリニューアルを果たした神戸どうぶつ王国(兵庫県神戸市中央区)。“花と動物と人とのふれあい共生”をテーマに、世界各地の草花や動物たちに出合える同施設の楽しみ方を紹介!

※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください。

【アクセス】三宮駅からポートライナーでわずか14分!

京コンピューター前駅南口からわずか1分で北エントランスへ到着

神戸どうぶつ王国があるのは、神戸のウォーターフロント・ポートアイランド。三宮駅から神戸新交通(ポートライナー)ポートアイランド線で約14分の京コンピューター前(神戸どうぶつ王国)駅が最寄り。駅からはわずか1分とアクセス抜群だ。

車を利用する場合は、阪神高速3号神戸線の京橋IC、生田川ICから一般道でそれぞれ15分ほど。または阪神高速5号湾岸線の深江浜ICから住吉浜出入口、ハーバーハイウェイ経由で20分ほど。普通車1000台(臨時駐車場含む)収容の専用駐車場があり、料金は24時間500円。時間を気にせず、1日たっぷり遊べる。

【お得情報】ポートライナー利用ならば交通セットがお得。運賃が実質0円に!

当日の入園料金は大人(中学生以上)1800円、小学生1000円、幼児(4・5歳)300円、シルバー(満65歳以上)1300円。前売券はコンビニエンスストアのセブン-イレブン、ローソンなどで購入できる。大人1700円、小学生950円、幼児250円、シルバー1200円とそれぞれ割安に。

さらに最もお得なのが、“神戸どうぶつ王国・ポートライナーセット券”。こちらはポートライナー(三宮駅~京コンピューター前駅、または神戸空港駅~貿易センター駅)の往復運賃込みで、大人1800円、小学生1000円、シルバー1300円と当日券と同じ価格。つまり往復の運賃(大人580円、小学生280円)が実質無料なのだ。ポートライナーを利用する人はぜひ活用したい。ポートライナーの三宮駅、神戸空港駅で購入できる。

そのほか年間パスポート“キングダムパス”は、大人6000円、小学生3500円、幼児1000円、シルバー4500円となっている。
※料金はすべて税込み

【見どころ】2つのパークと人気アトラクションをチェック

【写真】神戸どうぶつ王国の「アジアの森」で暮らすレッサーパンダ

王国内は屋内の「インサイドパーク」と屋外の「アウトサイドパーク」の2つのパークに分かれている。その中に1000種1万株の草花が咲き誇り、110種600頭羽の動物たちを展示。

インサイドパークは、「アジアの森」や「アフリカの湿地」、「熱帯の森」、「ロッキーバレー」など、世界各地の自然環境を忠実に再現。「アジアの森」にはレッサーパンダやマヌルネコ、ビントロング、「アフリカの湿地」にはハシビロコウ、スナネコ、コビトカバなど、それらに実際に生息する動物たちが自然に近い状態で暮らしている。

ジャイアントパンダ、オカピと並ぶ世界三大珍獣のコビトカバはアフリカの湿地で見られる

ロッキーバレーに増設された「クーガーウォーク」の空中回廊

2020年3月には、ロッキーバレー内の展示場「クーガーウォーク」がリニューアル。ガラス張りの空中回廊が増設され、クーガー(ピューマ)が動き回ったり、くつろいだりする姿をさまざまな角度から観察できる。

美しいスイレンの池の上を優雅に飛行するエジプトハゲワシ

さらに約100種のスイレンが咲き誇る巨大プール「ウォーターリリーズ」では、「バードパフォーマンスショー」を開催(11時30分~、14時~、土・日曜・祝日のみ16時~もあり)。オオフクロウやハヤブサ、ハリスホークといった鳥たちが華麗な飛行パフォーマンスを披露する姿は圧巻!バードショー後に開催される「フクロウふれあい」も人気だ。フクロウを腕に乗せて記念写真を撮ろう(1回税込300円)。

アカカンガルーが放し飼いにされた「カンガルーファーム」

一方のアウトサイドパークには、「カンガルーファーム」、「アルパカスペース」、「ホースライド」、「羊が丘」など開放的な土地が広がり、それぞれ動物たちとの触れ合いが楽しめる。

関西で唯一ラクダに乗れるアトラクション「ラクダライド」

アカカンガルーやアルパカへのエサやり(随時。1回100円)のほか、ホースライド(10時30分~11時30分、13時15分~14時45分、土・日曜・祝日は15時45分~16時15分も実施。ポニー300円、馬500円、各回先着20人)、ラクダライド(10時30分~11時30分、13時15分~14時45分、土・日曜・祝日は15時45分~16時15分も実施。各回先着20人。800円)などの体験型アトラクションも人気だ。※価格はすべて税込

人気の「ペンギンおやつタイム」(11時00分~、14時00分~、15時30分~) の先着制人数限定で1回100円

さらに2019年7月からは新エリア「アクアバレー」がオープン。ゴマアザラシやケープペンギン、ミナミアメリカオットセイが水辺で泳いだり、岩場でのんびりしたりするかわいい姿が見られる。ペンギンとさらにお近づきになれる「ペンギンおやつタイム」にも参加して。

【攻略法】神戸どうぶつ王国をさらに楽しむ“コツ”を伝授!

「アザラシのおやつタイム」は1日1回のみ。チャンスを逃すな!

神戸どうぶつ王国のすべてを回る場合の目安は2~3時間。さらにランチ、パフォーマンス観賞、体験アトラクションなども楽しみたいならば、トータル4~5時間が目安だ。

おすすめの巡り方は、まず「インサイドパーク」を一通り見て回り、「バードパフォーマンスショー」や「ペリカンフライト」(12時30分~、14時45分~)を観賞したあと、「アウトサイドパーク」で好きな動物と触れ合うプラン。

「バクおやつタイム」は1日2回(11時15分~、16時分~)の先着制人数限定。1回100円※価格は税込

カピバラとの触れ合いは終日OK。エサやりは1回100円※価格は税込

その際に注意したいのが、アトラクションやイベントのタイムスケジュールだ。パフォーマンスショーや「おやつタイム」は時間が決まっているので、そちらを逃さないように注意しよう。ほどんどのアトラクションやイベントは1日2~3回開催されるので時間を合わせやすいが、なかには1日1回しか実施しないものも。それが人気の「アザラシおやつタイム」。こちらは毎日12時~の1回のみなので、お目当ての人は忘れないように!逆にカピパラやアルパカ、カンガルーなどとの触れ合いは随時行っているので好きな時間に組み込もう。

【グルメ】豪華ブッフェのほか、オリジナルのアニマルフードもおすすめ!

王国内には、レストランやカフェ、ショップが並ぶエリア”フラワーシャワー”内にある「バイキングレストラン フラワーフォレスト」と「アルパカフェ」、アウトサイドパーク内の「ワイルドキャッツ」、小動物にエサやり体験ができる広場などを有するエリア“コンタクトアニマルズ”内の「レトリバー」の4つのレストラン&カフェがある。

バイキングは大人1650円、小学生1000円、幼児700円(すべて税込み・ドリングバー付き)。料理はイメージ

なかでも人気は「バイキングレストラン フラワーフォレスト」。美しい花に囲まれた開放的な空間で、季節の食材を使った和洋折衷の多彩な料理をブッフェ形式で楽しめる。子供に人気のメニューが並ぶキッズコーナーもあり、子供の身長に合わせて料理台が低くなっているなど、細かい心配りもうれしい。

「ワイルドキャッツ」の「キッズカレー」(税込600円)

「ワイルドキャッツ」のコンセプトは、地球上に生息するすべての生物と共生していくための環境づくりなどに取組み、伝えていくことを目的とした生物多様性保全普及型レストラン。絶滅危惧種であるツシマヤマネコ(長崎県対馬にのみ生息)の餌場を守るため、環境に配慮した田んぼで作られた減農薬米「ヤマネコ米」を使用したカレーライスやハヤシライスが味わえる。

「ワオワオロール」(写真左・税込400円)と「ハシビロコーヒー」(写真右・税込380円)

「アルパカフェ」のウリはアニマルメニュー。“動かない鳥”ハシビロコウをカップにデザインした「ハシビロコーヒー」(税込380円)をはじめ、ビントロング(クマネコ)の形をした真っ黒なホットドッグ「ビントドッグ」(税込750円)、ワオキツネザルの尻尾をイメージしたコロネ「ワオワオロール」(税込400円)など、ユニークなメニューがズラリ。

【おみやげ】ここだけの王国オリジナルグッズも多数

実物は無表情のハシビロコウだが、「ぬいぐるみ」(550円~1408円)は笑顔!

おみやげ探しは、フラワーシャワー南側にある「ショップ ラブ・バード」へ。レッサーパンダやカピパラなど、王国の人気モノをモチーフにした多彩なグッズを取りそろえている。ここでしか買えない王国オリジナルグッズも多数あるので、隅々までチェックして!

子供はもちろん、大人もワクワクドキドキの体験ができ、ファミリーや友達同士、そしてカップルにもおすすめの神戸どうぶつ王国。全天候型対応施設なので、雨の日でも濡れずに遊べるのも魅力の一つ。お目当ての動物たちとの触れ合いを思う存分楽しもう!

【おすすめ】施設担当者に聞く!神戸どうぶつ王国の魅力・楽しみ方

「神戸どうぶつ王国の動物たちの展示場には柵や檻がありません。動物たちの生息環境をできるだけ再現し、なるべく間近で動物たちの生き生きとした姿をご覧いただけるように工夫しています。花や緑に囲まれた動物たちに癒される非日常の世界にぜひお越しください」
神戸どうぶつ王国 広報 宮本江津子さん

【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】

・発熱、咳、倦怠感などの症状がある方は入園をお控えください。
・ご入園にはマスクの着用が必要です。(お持ちでない方は、入場口で販売用のマスクをご用意しております。)
・入口に消毒マットを設置しています。靴底の消毒をお願いします。
・入園の前(チケットご購入の前)に備え付けの消毒液で手指消毒をお願いします。
・園内各所にも消毒液を備え付けております。ご利用ください。
・屋内全エリア(動物展示・レストラン・売店など)は開口部を常時開放し、換気を行っております。
・園内の各所(自動扉、自販機、トイレ等)の定期的な消毒を実施しております。

取材・文=河合哲治郎

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※2020年5月時点の情報です。

この記事の画像一覧(全15枚)

キーワード

ページ上部へ戻る