【怖すぎ注意】心霊現象、アパートに忍び込む影…本当にあった怖い話に戦慄!

2021年7月16日 17:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

育児にまつわるエッセイ漫画をSNSで公開している、主婦であり漫画家のかと(@kato_usausako)さん。子どもや夫とのほっこりする日常や、リアルでためになる育児奮闘記が人気を集めている一方で、身の毛のよだつ「本当にあった怖い話」の漫画が大きな反響を呼んでいる。実際にかとさんが、過去に巻き込まれた心霊体験や聞いた怖い話の漫画を一挙に紹介。描く上で苦労した点や、育児と漫画の両立のコツについても話を聞いてみた。

本当にあったちょっとこわ〜い話 「声」(13/25)画像提供:かと(@kato_usausako)

本当にあったちょっとこわ〜い話 「声」(14/25)画像提供:かと(@kato_usausako)


育児と両立しながら漫画を掲載。大好きだった怖い話にも挑戦


――漫画を描きはじめた、きっかけについてお聞かせください。

「2018年の夏から、Instagramにて漫画の投稿を始めました。書籍も持っている大好きなモチコさんのブログをずっと見ていたのですが、インスタに育児日記などの漫画をあげていることを知って。ちょうどその年に、私も第二子を出産したということもあり、育児漫画を描いてみたいなと思ったのがきっかけです」

――漫画と子育ての両立で、苦労された点、また工夫やコツなどございますか?

「漫画を描き始めた頃は子どもまだ小さく手がかかり、夜中にしか時間が作れなかったので睡眠時間を大幅に削って描いていました。それでもフォロワーさんが増えたり、コメントなどで反応をいただけることがなによりのモチベーションになっていました。今は子どもたちが小学校と幼稚園に行っているので、昼間に漫画を描くことができ随分楽になりましたね。なのでお仕事の締め切りなどで切羽詰まっていない限りは、夜は描かないようにして夫と話したり、本や映画、ドラマなどを観る時間にしています。子どもが小さかった頃から、今も変わらず“子どもと過ごす時間には漫画を描かない”ように気をつけています」

――ゾッとするほどの「本当にあった怖い話」もSNSに公開されていて話題になっていますね。育児漫画とはうってかわって、怖い話を漫画で描かれたのはどうしてですか?

「怖い話は小さいころから大好きで、小学生の頃は夏休みにテレビで放送されていた心霊番組を、毛布をかぶりながら観ていました(笑)。私自身は霊感がないのですが、若い頃にお付き合いしていた方たちに何人か霊感がある人がいて。私も巻き込まれて心霊体験をしたことがあったので、漫画にしてみようかなと描いてみました。結婚した夫は霊感がゼロなので、今は穏やかな生活を送れていますよ!(笑)」

本当にあったちょっとこわ〜い話 「トンネル」(9/26)画像提供:かと(@kato_usausako)

本当にあったちょっとこわ〜い話 「トンネル」(10/26)画像提供:かと(@kato_usausako)


――いくつか掲載されている「本当にあった怖い話」の中で、特に印象に残っているお話は?

「『アパート』が特に反響が大きかったですね。他の話は私が巻き込まれて体験したり、聞いたりした話なんですけれど、これは私が実際に体験した出来事です。この日のことはもう、一生忘れないだろうなと思います…」

――怖い話を描く上で、難しかった点はありますか?

「当時の彼の話を思い出しながら描いたのですが、私が幽霊を見たわけではないので、幽霊の姿を想像して描くのが難しかったですね。また、この怖い話を投稿していた頃は家族が寝た夜中に漫画を描いていたので、本当に幽霊が出てきそうでトイレに行くのもちょっと怖かったです(笑)」

本当にあったちょっとこわ〜い話 「アパート」(25/112)画像提供:かと(@kato_usausako)

本当にあったちょっとこわ〜い話 「アパート」(26/112)画像提供:かと(@kato_usausako)

本当にあったちょっとこわ〜い話 「アパート」(27/112)画像提供:かと(@kato_usausako)

本当にあったちょっとこわ〜い話 「アパート」(28/112)画像提供:かと(@kato_usausako)


――漫画を描く上で、特にこだわっている点は?

「誰の視点で語られる話なのかを、大事にして漫画を描いています。怖い話については、今よりももっと稚拙な絵しか描けていませんでしたが、できるだけ『怖い』と思ってもらえるような表情や表現にこだわりました」

――最後に、今後の展望はございますか?

「実話ならではのリアルさが感じられるのが、ノンフィクションコミックエッセイの魅力だと思っています。ただ、フィクションのコミックエッセイも大好きで、今後はフィクションも描いてみたいなと。ほかにももグランピングやビートボックス、アカペラなど、自分の好きなことを紹介する漫画や、猫を飼っているので猫の漫画も描いてみたい。そして、育児漫画で書籍化を目指しています!それと、SNSの世界にはまだ本になっていないおもしろい漫画がたくさんあります。私が好きな作家さんの作品をきっかけにSNSの漫画を読み始めたように、これからは私の漫画を通してほかのおもしろい漫画を知ってらえるようになったらうれしいなと思います」

取材・文=大西健斗

この記事の画像一覧(全232枚)

キーワード

ページ上部へ戻る