【漫画】「小火」の読みは?「こび?」「しょうび?」いいえ、正解はニュースなどでよく聞くあの言葉!あなたは読める?

2021年11月8日 17:02更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
「小火」の読み方、ヒントはニュースによく出てくる言葉!

最近、SNSなどで話題になっている、かんじもん(@kanjimon_)をご存知だろうか?倉垣英男氏とクリエイターのスメリー氏が共同で制作している、漢字をモチーフにしたキャラクターだ。

今年10月に ウォーカープラスでかんじもんの4コマ漫画を紹介した際 、「“ゴツゴツ”と読んでしまった三国志好きです」「“ごつとつ”と読んでしまいました、、」「パンダの名前に“パイパイ”なら許されそう(笑)」など、読み間違いの報告をはじめとするさまざまなコメントが寄せられ、大きな反響があった。


そこで好評につき、なんとウォーカープラスで連載が決定!初回を飾る漢字は「小火」。「こび?」「しょうび?」あなたは読める?正解は…?

意外と「大火」も「たいか」と読めない…

「中火」は料理などでよく使うから、わかる人が多いかも


先にこの漫画が投稿されたTwitterのコメント欄には、「(*´ω`*わあ、勉強になりました」「カタカナでしか見たことなかったので、驚きました!」と、この漫画で初めて「小火」の読み方を知ったという人も多かったようだ。

「小火」の読み方、ヒントはニュースによく出てくる言葉!

「小火」の読み方は「ぼや」!漢字って難しいけれど、楽しくて奥深い!


「かんじもん」の生みの親の1人、倉垣英男氏によると「日本人は、顔文字や絵文字を考えるなど、何かをキャラクターにするのが得意な国民性を持っています。もう一度“漢字の魅力を再発見して漢字を楽しもう!”という想いと、“日本の漢字を知らない世界の人達へ、漢字の魅力を伝えたい!”という想いから、かんじもんを制作しました」とのこと。

確かに、かんじもんの4コマ漫画を読むと「漢字っておもしろい!」と思えるから不思議。かんじもんの他の漫画でも、ぜひクイズに挑戦してみて!


画像提供:かんじもん.kanjimon.(@kanjimon_)

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る