歴代“クラシックカー”が大集結!外苑から銀座までをパレード

2009年11月28日 19:33更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

11/28、「クラシックカーフェスタin神宮外苑」が開催され、明治神宮外苑(東京・新宿)に84台の“クラシックカー”が大集結、パレードなどを開催した。

今年で3回目となる同イベントには、国内外からクラシックカーの個人所有者が集結。その中で、走行可能なクラシックカーが明治神宮外苑 絵画館前をスタートし、青山通りから内堀通りへ、銀座中央通りから晴海通りへ、そして数寄屋橋を通って絵画館前へと戻る約12.5kmのコースをパレードした。

パレードには、「ベントレー3リットルスピード」や「シボレー インターナショナル AC スポーツロードスター」、「モーガン スーパースポーツ」など歴史を代表する名車がズラリ。詰め掛けた多数の“クラシックカー”ファンが沿道から熱い視線を投げかけていた。

また、パレードの他にも、希少車両の展示や、トヨタ博物館の学芸員による展示車両ガイドツアー、スタンプラリーやクラシックカーの人気投票なども実施された。カメラを携えたクラシックカー愛好家以外にも、ファミリーやカップルなどの姿も多く見られ、会場内は大いに盛り上がりを見せていた。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全20枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る