メイド服にスカウター! アキバ“女装男子”が超ハイパーに変身

2009年11月29日 12:51更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京・秋葉原にある、スタッフ全員が、女装した男性(=男の娘)というダイニングバー「NEW TYPE」。スタッフの人懐っこさとキャラの濃さ(?)で、コアなファンを中心に人気の店だが、12/3(木)、装いも新たにリニューアルするという。なんと、スタッフ全員が、メイド服にスカウター(「ドラゴンボール」に登場する超小型多目的レーダー)を着けるというのだ。気になる記者は一足早く移転した店内へ。そこで見た新・NEW TYPEとは…。

なんと言っても一番の変化は“制服”。今までは学園モノの制服だったが、“メイド服+スカウター”という、サイヤ人顔負けのユニークな制服に変身! でも、何故メイド服にスカウター…?

「ハイパーなイメージがある当店なので、スカウターを着けたら一層『NEW TYPE』っぽくなるかなと思ったんです」とは、「NEW TYPE」の代表でもあり“男の娘”でもある「茶漬け」さん。なんでも、このスカウターは、サイバーアイテムを販売する「product_c」と同店がコラボして制作したオリジナルで、スカウター画面には「NEW TYPE」の文字も入っているという、こだわりの一品なのだそう。

スカウターを着けたメイドさんたちを眺めていると、「リニューアルして一層“ディープ”になったのでは…?」と記者もさすがに不安に…。とそこへ「反対にかなり“オープン”になったんですよ」と笑顔で教えてくれたのは、メイドの「ちびすけ」さんだ。

「今まで深夜しか営業していなかったのですが、より多くのお客さんに楽しんでもらいたいと思い、営業時間も、日曜は17:00〜に変更したり、席数も大幅に増やしたんです。クーポン券など割引サービスも一層充実させたので、気軽に遊びに来てほしいです!」

たしかに、店内は広々しているしフードメニューも含めかなり豊富。チャージ料金も、ワンドリンク付きで1300円だし、営業時間も、木曜日が18:00〜23:00、金曜日・土曜日が23:00〜29:00、日曜日が17:00〜23:00と、気軽に入りやすい時間帯が増えているではないか。なにより“アキバ初心者”の記者でも、メイドさんたちが優しく話し相手になってくれて気負うことなく楽しめたのがうれしいところ。

一時のブームは落ち着いたとはいえ、まだまだ進化を見せる“アキバ文化”。そんなアキバの一店として、これからどう受け入れられていくのかも楽しみだ。 【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る