ドットを塗りつぶすだけで自分だけのトートバッグが完成!

2009年12月1日 15:31更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

白いドット柄を塗りつぶすだけでオリジナルデザインが簡単に楽しめるトートバッグが発売になった。「マジックインキ」でおなじみの寺西化学工業株式会社が発売している「paintdots」の「ペイントドット トートバッグ アクアテックツイン12色セット」(5040円)だ。

これは、黒地に白いドット模様を配置したトートバッグに、耐光・耐水性に優れた水性顔料マーカー「アクアテック ツイン」で色を付けていくというものだ。商品の特長は、なんと言っても“ドット絵”で簡単に自分だけのデザインができるということ。何を描けばいいか思い浮かばない…という人でも、同社サイトで公開中のソフト、「paintdots Simulator」(ペイントドットシミュレーター)を使うと、写真やキャラクターを簡単に図案に変えてくれるのだ。

「下絵を考えずに、ただ塗っていくだけでも、そこからインスピレーションが働いて、思っていた以上の出来栄えになったり、塗れば塗るほどオリジナル性あふれる作品に仕上げることができます。ちょっとくらいの失敗を恐れずに、思うがままに塗っても面白いと思います!」と寺西化学工業の今井さんは話す。

しかも、このドット柄、実はデザインレーベル「seto」が発案した「Ika-textile」(イカテキスタイル)が元となっている。「網にかかったイカを見たとき、まだ命のあるイカは、目まぐるしく体の色を変え、何かを発信しているようでした。イカの表皮の模様、これは色素細胞で、このドットを使って体の色や柄を変え、周囲の環境にデザインを合わせ、コミュニケーションツールに使うのです。これをヒントに、単なるドットを自分で彩色し、誰もが簡単に自分のサインを発信できる生地を思いつきました」(setoさん)。

アートが好きな人、“描く”ということに少しでも興味がある人なら年齢や性別を問わず誰でも楽しめるこの商品。ドットをポチポチ塗りつぶしてあなただけのトートバッグを作ってみては? 【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る