【「目覚めたら100年後」のはずが…】“コールドスリープ”の中で全然寝れない!寒さと飢えに苦しむ男の運命は?

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「少年サンデー」(小学館)で連載中の「白山さんと三田さん」で知られる漫画家・くさかべゆうへい( @bakasakuiheuyu )さんが、SNSで投稿した短編ギャグ漫画「不眠のあなたへ」。SF作品でよく用いられる「コールドスリープ」をモチーフに、100年後に目醒めるカプセルに搭乗したはずの調査員が眠れず苦労する本作は、大いに笑わされた読者から多くの反響が寄せられた。作者のくさかべゆうへいさんに、本作について直撃した。

不眠のあなたへ5画像提供:(C)くさかべゆうへい


「冷静なキャラが徐々にパニックになっていく感じもおもしろいなと意識して描きました」

不眠のあなたへ1 画像提供:(C)くさかべゆうへい

不眠のあなたへ2画像提供:(C)くさかべゆうへい

不眠のあなたへ3画像提供:(C)くさかべゆうへい

不眠のあなたへ4画像提供:(C)くさかべゆうへい


本作を描いたきっかけについて、くさかべさんは「 『少年サンデー』増刊の『少年サンデーS(スーパー)』という雑誌で、毎月テーマに合わせて8ページの読み切りを描く企画がありました。この読み切りが載った回が『100年後』というテーマだったので、そこから連想して『未来に行く話かと思ったら全然行けてない話』にしようと思って描きました 」と明かす。

現在連載中の「白山さんと三田さん」とはまた違うタッチの作品となっているが、「 『白山と三田さん』の連載を始めるときに、初めて意識的に絵柄などを変えました。連載前の読み切りということもあって、この方が僕本来の作風なのかなと思います。ツッコミが不在のギャグというところは今も変わらないですね 」とのこと。

短編らしく、笑える展開がテンポよく巻き起こる本作。くさかべさんは「 8ページしかないので、とにかくインパクトを残すことを意識してキャラクターのリアクションを描きました。冷静なキャラが徐々にパニックになっていく感じもおもしろいな、と思って意識して描きました 」と、こだわったポイントを教えてくれた。


取材協力:くさかべゆうへい(@bakasakuiheuyu)

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る