皇居ランに対応!ワコールがランニングステーション併設の直営店をオープン

2010年1月7日 17:35更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ワコールが展開し、百貨店やスポーツ用品専門店で購入できるコンディショニングウェアブランド「CW-X」。アメリカ大リーグで活躍するイチロー選手やプロゴルファーの石川遼選手らも契約するこのブランドの初の直営店が2店舗続けてオープンする。しかもそのうち1店舗は皇居に近く、シャワーなどの施設を持つランニングステーションを併設するという。

今回オープンするのは1月27日(水)に青山スパイラル1階にオープンする「CW-X コンディショニングストア 青山」と、2月7日(日)にワコール麹町ビル1階にオープンする「同 半蔵門」。特に半蔵門店は、ランナーが多いことで有名な皇居に近い立地を生かし、シャワーとロッカーのある女性専用のランニングステーションを併設する。

最近のランニングブームで皇居周辺には多くのランニングステーションが登場。スポーツジムでもランナー向けにシャワーを有料開放する“ランニング会員”を設置するところもあるが、大手衣料ブランドがランニングステーションをオープンするのは初めてのことだ。

「最近のランニング需要の高まりと、ブランドの認知向上などから企画しました」と同社広報。シャワーやロッカーを入会金500円、月500円(1回利用料600円)で利用することができる(ビジター利用料は1回800円)のは魅力的。また、CW-X商品の販売だけでなくスポーツタオルの貸し出し(有料)などもあり、ランナーにはうれしい店舗となりそうだ。

一方の、青山店は、ショップやレストランが入った複合施設「スパイラル」に出店。ウォームアップやクールダウンにおすすめの音楽、アロマなど、スパイラルで展開している店とのコラボレーションも行っていく。

91年に誕生した「CW-X」は、ワコール人間科学研究所が開発し、スポーツ時の筋肉疲労を軽減したり、ひざや股関節をサポートするボトムを中心とした商品展開が特徴。ランニングのブームを生かしたブランド展開に注目だ。【東京ウォーカー】

※情報掲載時からオープン前に料金が変更になったため、記載を修正しました(2010年1月26日現在)

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る