「始業1時間前に掃除する意味は?」誰も幸せにならない規則に囚われ続けるブラック企業のリアルなエピソードに共感の声【作者コメントあり】

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

妊娠をきっかけに漫画を描き始めたしゃけなかほい( @syake8989 )さんが、自身のブラック企業勤務経験を描いたエッセイ漫画「ブラック企業の日常」シリーズ。理不尽な社内ルールに翻弄される姿は、多くの読者の共感を集めている。今回はその中から、「【ブラック企業の日常10】始業1時間前に行かされる理由」というエピソードを紹介。併せて、しゃけなかほいさん本人にも話を聞いた。

これぞまさしく“ブルシット・ジョブ”!画像提供:しゃけなかほいさん


「新人は疑問に思うけれど、ずっといる人たちは疑問を感じないようでした」

【ブラック企業の日常10】始業1時間前に行かされる理由 01画像提供:しゃけなかほいさん

02画像提供:しゃけなかほいさん

03画像提供:しゃけなかほいさん


ある日の仕事中、しゃけなかほいさんの元に先輩社員がやって来て、「掃除当番」のルールについて説明してくる。掃除当番は始業開始1時間前に来ることが規則だと言われ、仕方なくその時間に来て掃除を行ったしゃけなかほいさんだが、掃除はものの10分で終了。あとは始業まで自習となり、あまりのムダな時間に「帰りたい」と本音をこぼすのだった…。

「始業1時間前から掃除をする」という、ブラック企業特有の理不尽なルールが描かれた本作。しゃけなかほいさんは「 普通の日でも、始業開始30分前には行かされる会社でした。早すぎると思いましたが、新人か管理職しかいないブラック企業あるあるの人員だったので、新人は疑問に思うけれど、ずっといる人たちは疑問を感じないようでした。それから、掃除で使う雑巾がすごく汚かったことを覚えています 」と、当時の様子を教えてくれた。

同シリーズの他にも、しゃけなかほいさんはスーパーのレジでアルバイトしていた当時のエピソードを描いた作品や、自身の育児体験を描いた作品など、多彩な漫画を公開している。


取材協力:しゃけなかほい(@syake8989)

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!今が見頃の花見スポットはこちら

ページ上部へ戻る