全身で航空機の魅力を感じる!名古屋空港に誕生する「あいち航空ミュージアム」とは!?

2017年11月9日 10:00更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

航空機の魅力が詰まった体験型ミュージアム「あいち航空ミュージアム」が、2017年11月30日(木)に県営名古屋空港にオープンする。航空機産業の盛んな愛知県ゆかりの機体の展示を中心に、飛行機を見て触って楽しめるコンテンツが盛りだくさん。また、離着陸する機体を間近で眺められる展望デッキにも注目だ!

広い館内には心躍る展示がたくさん

広い館内には心躍る展示がたくさん
※画像はイメージ

すべての画像を見る(6件)

大迫力のシアターで飛行の世界を疑似体験!

【写真を見る】まるで飛行機が飛び出てくるよう!臨場感あふれるオリエンテーションシアター

【写真を見る】まるで飛行機が飛び出てくるよう!臨場感あふれるオリエンテーションシアター※画像はイメージ

自分が飛行機になって飛んでいるかのような体験ができるフライングボックス

自分が飛行機になって飛んでいるかのような体験ができるフライングボックス※画像はイメージ

オリエンテーションシアターでは3Dメガネを着用し、飛行機作りの歴史を学ぶ旅に出発。スクリーンから飛び出してくる飛行機など、臨場感のある仕掛けに驚くこと間違いなし!また、大きなスクリーンを目の前に、愛知県上空のフライトを疑似体験できるフライングボックスは、飛行しているシーンに連動して座席が動く。リアリティあふれる演出が迫力満点のアトラクションだ。

職業体験でパイロット&整備士になりきろう!

あこがれのパイロットや整備士になりきっちゃおう!

あこがれのパイロットや整備士になりきっちゃおう!※画像はイメージ

航空産業をもと体感するなら、パイロット&整備士の職業体験にチャレンジしてみよう。コックピットに座って飛行機の操縦をするシミュレーターや、整備士の仕事を体験する整備チャレンジなどがある。本物と同じような環境で仕事をリアルに体験することで新しい発見があるはず。これを機に未来のパイロットや整備士が誕生するかも!?

飛行機を間近に見学!展望デッキ&館内展示

名古屋空港の滑走路を臨む開放的な展望デッキ

名古屋空港の滑走路を臨む開放的な展望デッキ※画像はイメージ

展望デッキではハンモックに寝転びながら、約300mの距離で実際に運行中の飛行機を眺められる。普段見ることのない景色に圧倒されること間違いなし!

航空機ファンも興奮の貴重な歴史的資料がいっぱい!

航空機ファンも興奮の貴重な歴史的資料がいっぱい!※画像はイメージ

また、館内には、名古屋空港で初飛行した戦後初の国産旅客機「YS-11」も展示され、間近でその機体を眺められる。体験のみならず、ここでしか見ることができない貴重な機体や、愛知県の航空産業の歴史を知ることができる展示などのコンテンツも充実している。

航空産業について楽しみながら学べる「あいち航空ミュージアム」。航空機ファンから初心者まで、みんなが楽しめる仕掛けや展示にワクワクとドキドキが止まらない!この秋、大注目のスポット「あいち航空ミュージアム」。家族や友達を誘って出かけてみよう!【東海ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る