JR有楽町駅内に、長崎ちゃんぽんの専門店が登場

2008年11月7日 19:16更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

11/26(水)、JR有楽町駅中央西口改札脇に、本場長崎ちゃんぽん・皿うどん専門店「長崎ちゃんぽん 華らんたん(はならんたん)」がオープンする。この店は、ベッカーズなどでおなじみのJR東日本フードビジネスによる新業態店で、野菜たっぷりの本場長崎ちゃんぽんを気軽に楽しんでもらうことをコンセプトに据える。

スープは、鶏ガラととんこつをベースに独自のコクとほんのりとした甘みを追求。もちもち感を楽しめる太麺は、本場と同様にスープと一緒に煮込んで味をしみこませている。具材は、ふんだんに使用するキャベツ、もやしのほか、エビ、イカげそ、豚肉など10種類以上。

主なメニューは、12種類の具材が入った「長崎ちゃんぽん」(780円)のほか、「長崎皿うどん」(780円)、長崎ちゃんぽんの倍の量の野菜を使った「野菜ちゃんぽん」(850円)、「皿ごはん」(780円)など。餃子やミニ丼などのサイドメニューやアルコールメニューも用意している。

JR有楽町駅の改札すぐ脇という絶好の立地にあり、手ごろな価格で本場の味を堪能できるとあって、年齢・性別を問わず多くの人でにぎわいそうだ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る