酸っぱおいしい〜 トマトもつ鍋がブームのきざし!

2008年11月11日 13:37更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

昨年の“カレー鍋”や“ちりとり鍋”に続くことしのブーム鍋として“トマトもつ鍋”がきている。トマトもつ鍋とは、その名トマトがまるごと入ったもつ鍋で、もともと夏バテ防止メニューとして登場。トマトのエキスがたっぷり染み込んだジューシーなもつが「酸っぱおいしい〜!」と女性を中心にグングン支持が高まってきている。

もともとトマトは、老化防止に効くといわれるリコピンを多く含み、老化の原因となる酸化の抑制効果がビタミンEの100倍、ベータカロチンの2倍と高い。一方、もつの高タンパクのコラーゲンは、肌に弾力や潤いを与えてくれ、しかも低カロリー。この2食品の掛け合わせが、美容&健康食として女性はもちろん、男性にもメタボ対策としてすごく評価が高いのだ。

博多もつ鍋専門店の「もつなべ きむら屋」(東京都墨田区)の店長はおいしさの秘密をこう言う。「ウチのスープは、トマトピューレを鶏ガラベースで溶いたピリ辛味です。ぐつぐつしてきたら、てっぺんのトマトを崩して、もつと一緒に食べると、酸っぱさとダシのうまみが一度に味わえます。シメは粉チーズをたっぷり振りかけて、イタリア風リゾットにもすると2倍楽しめますよ」

ほかにも、バターがじわ〜っと染み込む洋風トマトもつ鍋が食べられる「博多 旨いもん処 もつ衛門」(東京都港区)や、バジルや唐辛子も加わりパンチを効かせた「二色なべ・梅酒 鍋よし 銀座店」(東京都中央区)、野菜と魚介を煮込んだ濃厚トマト鍋の「DINER tomato」(東京都目黒区)など、扱う店が急増中。ことしの忘年会で、ぜひお試しを。で、食べてみて、本当においしかったら、自宅でチャレンジしてみるのもいいよね。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る