名古屋喫茶文化の真骨頂!小倉トーストがおいしいお店5選

2018年4月17日 15:19更新

東海ウォーカー 山田晃裕

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

なごやめしのスイーツ代表といえば小倉トースト。その起源は大正末期にまで遡る。ハイカラブームの最中、名古屋のある喫茶店でバタートーストを提供したところ、学生たちがぜんざいのあんを一緒につけて食したことが誕生のきっかけだ。名古屋観光のおやつにもぴったり、トーストのサクサク感とアンコのしっとりとした甘みのハーモニーが楽しめる5つの店舗を紹介する。

名古屋スイーツの老舗「洋菓子・喫茶ボンボン」

1949年創業の洋菓子・喫茶店の老舗。朝のモーニングから客がひっきりなしに訪れる人気店で、長く地元でも愛されている。テイクアウトコーナーでは定番のケーキから季節のケーキがズラリと並び、 喫茶を利用後にみやげとして購入する客も多い。

【写真を見る】アントースト(400円)。トーストにあんがサンドしてあり、サクッとした食感の後にあんのなめらかな食感が楽しめる。甘さ控えめでいくつでも食べられそう

アントースト専用に仕上げた自家製あんは、砂糖などトーストに合うように配合されている。洋菓子店ならではのこだわりが詰まっている。

■住所:愛知県名古屋市東区泉2-1-22 ■電話:052-931-0442 ■営業時間:8:00〜22:00(販売〜21:00)、日曜・祝日〜21:00、 モーニング〜10:00、ランチ11:00〜14:00 ■定休日:なし ■席数:80席(分煙) ■駐車場:35台(無料) ■アクセス:地下鉄桜通線高岳駅1番出口より徒歩5分

あんとマスカルポーネの相性抜群「キハチ カフェ 名鉄百貨店 本店」

数々の有名店の料理長を歴任した熊谷喜八氏が手がけるカフェ。旬の素材を生かしたスイーツやサンドイッチなど、手ごろな価格で食べられる。名鉄百貨店 本店内にあり、ショッピングの合間に優雅なひと時を過ごすことができる。

小倉あんトースト(972円、ドリンクセット1188円)。厚切りトーストにマスカルポーネチーズと特製小倉あんがトッピング / キハチカフェ 名鉄百貨店 本店

小倉トーストを極上スイーツに仕上げるキハチの技に舌鼓。ソファーに座ってゆったり過ごして旅の疲れを癒すのもオススメ。

■住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-2-1名鉄百貨店 本店 本館4F ■電話:052-585-7748 ■営業時間:10:00〜20:00(LO19:30)、モーニング〜12:00 ■定休日:名鉄百貨店に準ずる ■席数:62席 ■駐車場:なし ■アクセス:各線名古屋駅すぐ

進化系小倉トーストを味わうなら「コーヒーハウス かこ 花車本店」

名古屋で初めて自家焙煎したコーヒーが自慢。コロンビア・スプレモ・ナリーニョをメインにブレンドしたコーヒーは、深煎りのほのかな苦味を感じ、 コーヒーの香りやコクが楽しめると評判。焼き菓子や、生豆の販売(100g、600円)もしている。

シャンティルージュスペシャル(600円)。4種類の自家製ジャムがトッピングされた個性的な一品。まさに小倉トーストの進化版 / コーヒーハウス かこ 花車本店

常時15種類以上の自家製ジャムがそろっており、小倉トーストに何がトッピングされるかはお任せ。旅の友とシェアしていろんな味を楽しんでみてはいかが?

■住所:愛知県名古屋市中村区名駅5-16-17 花車ビル南館1F ■電話番号:052-586-0239 ■住所:7:00〜19:00(LO18:45)、土曜・日曜・祝日〜17:00(LO16:45)、モーニング7:00〜11:00、ランチ11:30〜15:00 ■定休日:1月1日 ■席数:17席(喫煙可) ■駐車場:なし ■アクセス:地下鉄桜通線国際センター駅3番出口より徒歩3分

厚切りパンにしっとりあんをたっぷり「甘味処 なみこし茶家」

1927年創業の浪越軒が運営する甘味処。北海道産の小豆を使ったぜんざい(530円)が人気。販売コーナーもあり、モーニングを楽しんだあとみやげを購入する客が多い。手のひらサイズのかわいらしい饅頭「てづくりどうぶつえん」(675円〜)も人気商品。

小倉トースト(390円) 。きめ細かく、しっとりした食感の厚切り専用パンとあんがセットに。絶妙なバランスを楽しもう / 甘味処 なみこし茶家

繁華街・栄のど真ん中、中日ビルで営業中。オアシス21やテレビ塔などを訪れる際の立ち寄りスポットとしてぜひ。

■住所:愛知県名古屋市中区栄4-1-1 中日ビルB2 ■電話番号:052-263-7392 ■営業時間:11:00〜19:00(LO18:30)、土曜・日曜・祝日8:30〜19:00(LO18:30、モーニングサービスあり〜11:00)、 ランチ11:30〜14:00 ■定休日:1月1・2 日 ■席数:30席(禁煙) ■駐車場:なし ■アクセス:地下鉄東山線栄駅12番出口より徒歩2分

名古屋喫茶の草分け的存在「べら珈琲 栄店」

珈琲に生クリームを浮かべたウィンナー珈琲が名物の喫茶店。たっぷりの生クリームと、キリマンジャロ・サントスなど5種類の豆を独自に配合したブレンドコーヒーは相性抜群。サンドセットなどせいろに盛られているのが特徴的だ。

小倉バタートーストサント(550円)。黒糖パンにあんを挟み焼きあげた、香ばしい風味が感 じられる小倉トースト / べら珈琲 栄店

皿の代わりにせいろを使うのはオーナーの遊び心から。地元の人がよく通うツウな店としても知られる。繁華街・栄エリアから少し離れるが足を伸ばしてみる価値あり。

■住所:愛知県名古屋市中区錦3-21-18 ■電話番号:052-951-8658 ■営業時間:7:30〜18:30(LO18: 00)、モーニング〜11:00、ランチ11:00〜15:00 ■定休日:日曜、1月1日 ■席数:40席 ■駐車場:なし ■アクセス:各線栄駅8番出口より徒歩3分

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る