幸せを呼ぶハートが満載!正寿院×抹茶ブッフェの初コラボがキュートすぎ

2018年5月7日 12:15更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

日本緑茶発祥の地、京都の宇治田原町にある「正寿院」はハート形の“猪目窓”が女性に大人気。今回は、猪目窓のほか“天井画”や“風鈴まつり”など正寿院ならではの愛らしいモチーフをふんだんに織り込んだ抹茶スイーツがたっぷり!<※情報は関西ウォーカー(2018年4月17日発売号)より>

ハートに風鈴、天井画!かわいすぎると早くも話題

最初に席に運ばれる抹茶のティラミス「INOMEMADO」(1人1皿限定)/京都センチュリーホテル オールデイダイニング ラジョウ

全ての画像を見る(5件)

毎回1皿にだけいちご入りの当たりが。

【写真を見る】「抹茶と白桃のショートケーキ」、「抹茶蜜柑のオペラ」など/京都センチュリーホテル オールデイダイニング ラジョウ

抹茶スイーツのほか、抹茶のスクランブルエッグを使ったオープンサンドなどフードも豊富。

グラスデザートもキュート/京都センチュリーホテル オールデイダイニング ラジョウ

正寿院の客殿にある天井画と夏に開催される「風鈴まつり」の風鈴をイメージしたグラスデザート。

創業200年を迎えた京都の雑貨店「INOBUN」が装飾を監修/京都センチュリーホテル オールデイダイニング ラジョウ

リスやウサギなどが暮らす夏のガーデンを演出する。

ハート形の窓が話題の正寿院/正寿院

約800年前に創建されたとされる正寿院は、日本の伝統文様である猪目(いのめ)をかたどった窓がハート形でかわいいとSNSを中心に大人気。

「最初の一皿“INOMEMADO”は自慢の一品。祇園辻利の宇治抹茶を濃厚なマスカルポーネにたっぷりかけたティラミスです」と、パティシエの杉本 映さん。

■ブッフェDATA/MATCHA Sweet garden 2018(4500円、税・サ込) 開催期間:5月20日(日)~8月26日(日) ※日曜限定 実施時間:13:30~15:00、15:30~17:00の2部制 制限時間:90分 予約:可(電話、WEB) メニュー:約45種 ドリンク:約15種

■京都センチュリーホテル オールデイダイニング ラジョウ<住所:京都市下京区東塩小路町680 2F 電話:075-351-0085(10:00~20:00) 時間:7:00~21:00 休み:なし 席数:99席 タバコ:禁煙 交通:JR京都駅より徒歩2分>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る